ガクチカでインターン経験を用いるのはアリなのか?

企業が学生に職業体験を提供する場であるインターンシップは、社会に出る前に実際に業務を体験できたり、職場の雰囲気を知ることのできる貴重な機会です。そもそも、インターンシップをガクチカに用いるのはアリなのでしょうか。

結論はもちろんOK!

ガクチカにインターンの経験を書くことは全く問題ありません。
しかし、1dayインターンや短期インターンの経験を用いるのは、あまりおすすめできません。近年の就活生のインターンシップ参加率は7割前後となっており、そのほとんどが1dayインターンや短期インターン参加となります。他の就活生と差別化をはかるのであれば、長期インターンの経験をアピールした方がいいでしょう。

では、インターンの期間でどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

1dayインターンシップ

1日だけで完結するインターンプログラムを「1dayインターンシップ」と呼びます。
代表的な開催形式には企業の説明会や短時間のグループワークなどがあります。短期・長期のインターンシップに比べて参加のハードルが低いのが特徴です。応募の先着順やテスト等をクリアするだけで参加することができます。
1日で業種や職種について簡単に知ることができるため、「忙しくて時間がない」「たくさんの企業を見てみたい」という就活生が参加する傾向にあります。

短期インターンシップ

短期インターンシップは、1週間前後のインターンシップのことです。主に夏休みや冬休みなど学生の長期休みの時期に開催されます。期間が数日から長くても1週間ほどなので学業と両立がしやすいというメリットがあります。企業理解を深めることが開催目的であることが多いため、実務を体験できることはほとんどありません。プログラムの内容は、グループワーク、ディスカッション、講義が中心となります。

長期インターンシップ

主に3か月以上のインターンシップを長期インターンシップと呼びます。中には、年単位でインターンシップを実施する企業もあります。長期インターンシップは、実際の業務を体験できる場合が多いです。そのため、職場の雰囲気が分かりやすく、入社後のイメージがつかみやすくなり、入社後のミスマッチを防げるというメリットがあります。

ガクチカでインターン経験を用いるのはアリなのか?

インターン経験を用いたガクチカのメリット

ガクチカにインターン経験を用いるメリットをご紹介します。

主体性をアピールできる

長期インターンをガクチカに用いることで主体性をアピールすることができます。学生に主体性を求める企業は多いため、就活で主体性をアピールするのは効果的です。
募集時期も早く、参加する人数が少ない長期インターンに参加する時点で、働くことへのモチベーションが高く、就活に向けて積極的に行動している印象を与えることができるでしょう。

他の就活生と差別化を測れる

募集数が少ないこともあり、長期インターンに参加したことのある就活生はそれほど多くありません。多くの就活生がガクチカでアルバイトやサークルのエピソードを用いる中で、長期インターン経験を話すだけでも差別化することができますし、採用担当者の印象にも残りやすいでしょう。

実務経験をアピールできる

長期インターンでは実際の業務に携われることもあるため、サークルやアルバイトなどでは身に付けることができない、即戦力となりうるスキルを学ぶことができます。これはとても強いアピールポイントになるでしょう。また、実際に働く環境で業務を体験するため、社会人とコミュニケーションを取る機会も増え、コミュニケーション能力やビジネスマナーを鍛えることができます。

業界・企業理解をアピールできる

インターンは、業界研究、企業研究に最適の場です。
エントリーシートや面接では、企業理解がしっかりできているかどうかがチェックされています。業務内容も働き方も実際に体験する前のイメージとはまったく違うことがあります。イメージのまま面接を受けてしまうと、企業理解ができていないと不採用になってしまう可能性も…実際に業務を体験することで、企業の特徴や他社との違い、働いている人の雰囲気を知ることができ、企業理解を深めることができます。したがって、業界について長期インターンで体験した上で理解していることを伝えることで、その業界を志望した理由の説得力をアップさせることができます。

インターン経験を用いたガクチカのメリット

ガクチカでインターン経験を用いるときのコツやポイント

目標や目的を組み込む

ガクチカでインターン経験をアピールする際に必ず触れておきたいのが、「なぜインターンに参加しようと思ったのか」というきっかけの部分です。
「自分の適性を確かめたい」「もともとその業界に興味があった」など、インターンに参加しようと思ったきっかけは人によって異なるはずです。そのきっかけを通して採用担当者は就活生の人柄を知ろうとしています。また、目的をもって努力をし、しっかりと結果につながったのであれば「目標を達成することのできる人材である」と評価され、採用担当者の印象にも残るでしょう。

具体性を持って書く

成果や取り組んだ業務を説明するときは、数字を入れたり具体性をもって書くことで説得力がアップします。「営業の業務をしました」だけでは、採用担当者には具体的に何をどのくらい頑張ったのかが全く伝わりません。そのため、「お問い合わせ数を2倍に増やしました」「1日に10件以上営業にまわりました」など具体的に書き、採用担当者があなたが何に取り組んだのかをイメージしやすくなるようにしましょう。
また、成果を説明するだけでなく、成果を出すまでの過程も説明することが重要です。

学びをどう入社後活かすかまで言い切る

エントリーシートや面接では、自分が企業に何を貢献できるかを伝える必要があります。そのため、ガクチカでも最終的には「インターン経験から何を学び入社後どう活かせるのか」という内容に繋げなければなりません。アピールポイントをどう活かすのかを伝える場合、大切になるのは、企業や志望する職種でどんな人材が求められているのかです。企業が求める人物像と強みが一致すると、グッと評価がアップします。企業が求める人材をきちんと把握し、学んだことを活かして貢献したいと伝えることで、採用担当者も自社で活躍できる人材だと感じてくれるでしょう。

ガクチカで企業が知りたいこととは?

すべてのガクチカに共通する、企業がガクチカのエピソードから何を知りたいのかということを確認していきましょう。相手が何を求めているのかわかることで、インターン経験の話で何に重点を置いたらいいのかがわかります。

①どのくらい思考力があるか

思考力は簡単に言えば「考える力」、何かに対して様々な方向から考え、物事をとらえ、問題があれば最適な解決方法を選択していく力です。商品を売る時や、アイデアを出すときなど仕事においても大切な力になっています。
企業は学生に「今まで頑張ったこと」を聞くことで、その頑張った過程でどのような考え方をして取り組んでいったのかを見ているのです。

②なにがモチベーションになっているか

「頑張ったこと」であるならば、「頑張ろう」と思った気持ちがどこかにあるはずです。
仕事においても「取り組むぞ!」という気持ちをもって仕事をしてほしいと企業は考えています。そのため、学生が何にモチベーションを感じるのかを確認することで、実際に業務に着いたときのイメージができます。

③社風とマッチする人物か

社風や雰囲気に合わない会社に入社してしまうと、入社後にギャップが生じてしまい、早期退社につながる可能性があります。企業は新入社員になるべく長く働いてもらいたいため、入社後のミスマッチを減らしたいという意図もあります。そのため、企業は学生の過去のエピソードを通して、その人が何を考えてどう行動したのかを知り、人柄を見極め自社とマッチしているか判断するのです。

④学びを得ているのか

ガクチカでよくある伝え方として「経験を詳細に説明しただけになってしまう」というのが挙げられます。何かに取り組んだときに、何も感じずにやる人よりも、その過程の中でいろいろ考えながら学ぶ人のほうが、今後業務についた際にゼロから1を生み出せる可能性があると考えます。そのため「頑張ったこと」を通して「何を学んだのか」を企業は知りたいのです。

⑤伝える力があるか

最後は基本的なコミュニケーション能力です。何も知らない人(面接官)に対して、きちんと分かりやすい言葉で自分の経験を伝える能力があるのかどうかも見ています。
エントリーシートでガクチカを書く際は、論理的で伝わりやすい文章を書くよう意識をしましょう。自分が経験したエピソードなどを文章にする場合、どうしても主観的になってしまい、客観的な文章を書くことが難しいです。エントリーシートでは文字数も限られているため、省略してエピソードを伝えようとすると、前後で繋がりの無い文章を書いてしまったり、話が飛んでしまいがちになります。就活では、いかに自分の考えを上手く伝えることが出来るかが重要なので、読み手のことを考えて表現することが大切になってきます。

ガクチカで企業が知りたいこととは?

インターン経験でガクチカを書く方法/書き方

ガクチカの作成方法を例文を用いて解説していきます。基本構成に沿って書くだけで魅力的なガクチカを作成することができますので、ぜひ活用してみてください。

①結論

ガクチカに関わらず、すべての質問の回答で意識していきたいのが、結論から述べることです。結論から書くことで、その後の内容が伝わりやすくなります。

結論から書く際によく使われる文章構成がPREP法です。
PREP法とは(Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論))の頭文字をとったものです。
PREP法を用いることで、要点をつかんだわかりやすい文章が作れるようになります。たくさんの就活生と面接をする採用担当者にとって、端的で分かりやすい文章は好印象を与えるはずです。また、PREP法に当てはめることで、話の構成も考えやすくなります。文章構成を考えることが苦手な方はどんどん活用していきましょう。

(例文)
私が学生時代に力を入れたことは旅行会社のインターンです。

②目的/目標、課題

なぜ取り組んだのかというきっかけの部分をきちんと説明しましょう。
きっかけを通して採用担当者は就活生の人柄を知ろうとしています。目的に関しては、できる限り具体的に書くことで信憑性がアップします。

(例文)
大学では観光について勉強していたのと、もともと旅行が好きで、旅行業界に就職したいと思っていたためインターンに参加しようと思いました。

③行動

次にどのような業務を体験したのか、課題をどのように解決したのかを説明しましょう。具体的な数字を用いて、どのように取り組んだのかを伝えることが大切です。

(例文)
インターン先の企業では予約受付の仕事に携わりました。お客様からのお問い合わせに対する的確なプランを見つける業務です。仕事をするうえで一番難しかったのは、お客様の要望すべてにあったプランをみつけることです。希望するプランを案内しようとすると予算が希望内でおさまらなかったりすることがあり、はじめはプランをたてるのに時間がかかっていました。しかし、先輩社員からアドバイスをいただき効率的なやり方を覚えたことで、はじめは1日2件のお問い合わせをこなすのが限界でしたが、最終的には5件こなすことができるようになりました。

④学び

最後の部分では、結果だけを伝えるのではなく、「何を学んだのか」「何を仕事で活かすことができるのか」を伝え、しっかりとポテンシャルの高さをアピールしましょう。

(例文)
インターン先での業務を通して、相手の話をよく聞き、何を求めているのか探りながら対話するコミュニケーション力の大切さを学びました。この経験をいかして、貴社の売上増大にも貢献していきたいと考えています。

インターン経験でガクチカを書く方法/書き方

まとめ

ガクチカでのインターン経験について解説しましたが、いかがでしたか。長期インターン経験だけでもインパクトはありますが、ポイントをおさえてガクチカを作成することで魅力度がアップします。基本構文にそってオリジナリティのあるガクチカを作成しましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ