最終面接の通過率は50%

 
最終面接には2つのタイプがあります。
  1:選考をして内定者数を絞るタイプ
  2:ほぼ内定は決まっているが、意思確認のために行うタイプ

最終面接でも選考をする企業は書類選考、一次面接、二次面接の各段階である程度人数を絞り最終面接の通過率を50%ほどにしている企業が多いです。

人気な企業ほど応募者が多い中で内定をもらえるのは限られた
通過率が同じ50%であっても人気企業の場合は落ちる人数はその分多いです。
 

最終面接の通過率は50%

採用されない人の特徴5選

 
① 「話を聞いていない人」
質問に答えた後に面接官の話を上の空で聞いている人は、会社に興味のない人に思われても仕方ないです・・。
 
② 「謙虚とネガティブを履き違えている人」
ネガティブな発言はしてはいけません。たとえ根拠がなくても自信が感じられない人に仕事は任せられないですよね。
 
③ 「人の目を見て話せない人」
目を合わせて話ができない人は今から練習しておきましょう!目が泳いでしまっていてはマイナスです・・。
 
④ 「自己アピールしかしない人」
自分を売り込む場ですので、自分の話をするのは当然ですが、基本は面接官とのコミュニケーションが円滑に取れる人でないと評価は下がってしまいます。
話の流れをしっかり考えましょう。
 
⑤ 「論理的に話せない人」
 社長や役員が志望動機がどれだけ本気なのか、本当に優秀な人材なのか見抜くために深く掘り下げた質問をしてきたときに、根拠のないあやふやな答え方をしてしまっては、受かることはできないでしょう。
 

採用されない人の特徴5選

採用される人の特徴4選

 
採用されない人の特徴の反対を考えても分かりますが、以下の5つの特徴を持って面接ができた人はきっと内定をいただけるでしょう!

① 「熱意が感じられる人」
最後は熱意の感じられる人が受かる!
 
② 「志望度の高さが感じられる人」
「第一志望は御社です!」と本気で思っている人からは志望度の高さが感じられるそうです。志望動機と自己分析がしっかりできている人はきっと面接官も分かってくれます!
 
③ 「価値観が共有できそうな人」
最終面接で採用しない人の特徴に、企業と学生との価値観の違いを挙げる人事の方が多いそうです。「今日はやけにすらすらと話ができた」というときは、企業側との価値観が合っていることが多いそうです
 
④ 「社会人になる覚悟が感じられる人」
学生の立場から社会人になる覚悟が感じられる人は強いのだそうです。
この覚悟を一番見るという声も上がっています。
 

 社会人から見て、ほとんどの就活生は大差がありません。社会経験のない学生を採用する際に見るのは、今後自社で成長が見込める人材か、上手くやっていけるどうかだといいます。面接官の目線で考えると、どういう対応をすればいいのかが見えてくると思います。
 

採用される人の特徴4選

採用予定人数について

企業の「採用予定人数」も、最終面接の通過率を左右する大きな要素のひとつといえるでしょう。 しかしまた、会社の規模(会社の人気度・倍率)によってもそのパーセンテージは変動します。 

例えば、、、

[大規模×採用予定人数10~100人=20~40%(通過率)]

◎大手・有名企業等、比較的大規模の企業は、採用予定人数の多さ・少なさに関わらず「通過率が低い」傾向にあります。知名度も影響して人気が高く、高倍率である事が多いのも大きな要因のひとつです。また、こうした人気のある大規模企業においては「内定辞退者はさほど出ないだろう」という想定から、決められた人数のみを確保する傾向があります。
これらも最終面接の通過率が低くなる要因のひとつではないでしょうか。

[中小規模×採用予定人数100人=50~80%(通過率)]
[中小規模×採用予定人数20人=50~80%(通過率)]

◎中小企業・ベンチャー等、中小規模の企業は、応募者の人数が比較的少ないため、採用予定人数が多くても、通過率が高い傾向にあります。また、採用予定人数が少ない場合でも、中小企業やベンチャー企業などでは「辞退者が一定数出るだろう」という想定から、内定者を多めに確保している場合があるため、自ずと通過率も高くなります。採用候補の人数が集まらなければ、やはりその分最終面接の通過率も高くなるでしょう。

時期について

最終面接は、内々定を提示する6月頃に第1回目が行われ、内定式前までに第2回、また内定辞退者が出た後に「追加募集」として第3回目が行われるという流れが一般的です。そして、これらの時期によっても通過率は異なってきます。

第1回目(6月頃)→約50%
中盤(6~10月頃)→約30%
最終(追加募集)→約10%

第1回目に行われる最終面接が最も通過率が高く、時期が遅くなるにつれて、やはり通過率は下がっていきます。第1回目では辞退者が多く出ることを予想し、多めに内定を提示しますが、中盤の時期ではある程度内定者を確保した上での最終面接となるため、そもそもの残席も少なく、通過率も下がります。
最終時期では、文字通り「追加募集」がほとんどであるため、採用枠が非常に少なく、必然的に通過率は下がる仕組みとなっています。さらにこの時期になると、当初よりも優秀な学生が減るために、企業側が「無理に合格者は出さない」というスタンスである事も多く、通過率が下がる大きな要因の一つとなっています。

今後は、いわゆる「就活ルールの撤廃」に起因して、必ずしも内定の出始めが6月ではない企業が増えてくる可能性があるかも知れません。
しかし、いずれにしても「内定出始め期」と比較して「内定出し終え期」の方が最終面接の通過率は低くなってしまいそうです。
気になる企業を見つけたら、早めのコンタクトを心がけましょう!

最終面接に備えて出来る対策

 
☆志望理由をもう一度チェック!
最終面接でも、志望度をチェックするために、志望理由をきいてくる企業はたくさんあります。最後まで気を抜かずに、完璧な志望理由が言えるように備えましょう。
 
☆社長のブログがある場合は必ずチェック!
どんな人材が欲しいのか、どういう方向性で採用しているのかなどが書かれている場合があります。抜かりなくチェックしましょう!

☆OB訪問をするべし!
役員の方々がどんな人なのかを知ることで、自分の見せ方は変わってきます。
それを知っておけば、最終面接で好評価を得られるかもしれませんよ!
 

最終面接に備えて出来る対策

まとめ

最終面接でこそ自分をがっつりアピールして、採用側に
“この人と一緒に仕事をしたい!”と思わせなければいけません。
最後まで気を抜かず、熱意を持って人々の為、会社の為に役立つ「自分」を表現しましょう!

まとめ

あわせて読みたい記事はこちら!

画像引用:http://www.asahi.com/job/syuukatu/2012/ana/OSK201102250033.html  http://student.mynavi.jp/freshers/column/2014/12/14120821.html  https://careerpark.jp/18712  http://swot.hatenablog.com/entry/2013/12/26/163910 
参考資料:http://hot-space.org/gokaku-saishumensetsu/

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ