「面接で聞かれること」による面接官の意図とは?

なぜ面接官は質問をしてくるのでしょうか。質問をする意図が3点ございますので、ご説明したいと思います。

①学生の個性や人柄を知るため

面接官が質問してくる意図1つ目は「学生の個性や人柄を知るため」です。多くの企業は志望してきた学生の個性や人柄を重要視しています。個性や人柄を知ることで、志望してきた学生の根底にある考え方や思いを引き出し、採用担当者は、企業が求める人材とマッチするかどうか見極めようとします。性格は個人の独特な特性であり、みんながみんな同じ性格ではありません。人柄は仕事の取り組み方や行動に大きく影響します。志望者から性格についての質問に対する答えを聞き出して人柄を知ることで、企業が求める人物像にふさわしい人材であるか判断に役立てます。

②活躍できる人材なのかを知るため

面接官が質問してくる意図2つ目は「自社で活躍できそうな人材かどうか」を知るためです。面接官が聞いてくること一つ一つ具体的に答えれば答えるほど、面接官は入社後、志望してきた学生が活躍してくれる姿をイメージしやすくなり、会社に貢献してくれる可能性のある人物かどうか見定めようとします。

③自社とのマッチ度を知るため

面接官が質問してくる意図3つ目は「自社とのマッチ度」を知るためです。会社との相性が合わずに入社してしまうと早期退職に繋がりかねません。もし早期退職してしまうと再び人材を募集しないといけなくなり、多大な労力が必要となります。そのためにも、会社は社員にできるだけ長く働いて欲しいと考えています。
そのような入社後のミスマッチを防ぐためにも、面接官はさまざまな質問をして、志望してきた学生と自社のマッチ度を見ていると言えます。

「面接で聞かれること」による面接官の意図とは?

「面接で聞かれること」を答えるために必要な準備

面接官にたくさん質問されたとき、すらすらとスムーズに答えるためにはどうすればいいのでしょうか。必要な準備が3点ございますので、ご説明したいと思います。

①自己分析

自分の性格をすぐに話すことが出来るように自己分析しておきましょう。
さまざまな方法がありますので、ご紹介したいと思います。
・「自分史」
文字通り「自分自身の歴史」のことです。自分がこれまでの人生で何を考え何をしてきたかを書き出し、自分史を作ることで客観的に自分を分析することができ、自分の強みや弱みを認識できます。人生の主な出来事を年表にまとめると自分史が作りやすいです。

・「マインドマップ」
マインドマップとはテーマとなるキーワードを中央に置き、蜘蛛の巣のように周りに関連する言葉を繋げてゆく方法です。マインドマップを作ることで、自分自身の性格を視覚化し再確認して、整理することができます。

・「ライフラインチャート」
ライフラインチャートとは、自分のこれまでの人生の幸福度を1本の曲線で表現する方法です。表の横軸は時間軸、縦軸は幸福度を表します。ライフラインチャートを作成するにあたって「この時、どう感じたのか」「どのように立ち直ったのか」を分析することによって、自分を客観的に見ることができ、自己分析を深めることができます。

②業界・企業分析

業界・企業分析をしっかりしときましょう。業界や企業について聞かれることはほぼ確実にあります。「理解度の高さ=意欲の高さ」と企業側は判断するといっても過言ではないです。業界・企業分析をする方法としては企業のHPや就活情報サイトを閲覧しましょう。また、大学のキャリアセンターを利用したり、求人票を熟知する方法があります。

業界や企業のことを聞かれたら、興味関心の強さや分析して自分が感じたことを思いのまま、面接官に伝えましょう。

③面接練習

面接で聞かれることを把握して回答する練習を何度もすることが大事です。頭の中でシミュレーションをするだけでなく、模擬面接もしてみましょう。模擬面接は実際の面接に近い雰囲気を体験できることや、第三者からのフィードバックがもらえたりできます。多数のメリットがありますのでオススメです。

「面接で聞かれること」を答えるために必要な準備

「面接で聞かれること」一覧

面接で聞かれることの一覧を種類別でまとめました。

<自分のことについて>

・自己紹介をお願いします。
・自己PRをお願いします。
・あなたを一言で表現してください。
・あなたを色(物・動物)に例えると何ですか?
・趣味を教えてください。
・誰にも負けないと思うことは何ですか?
・あなたは周りからどんな人だと言われていますか?
・今までで一番感動したことを教えてください。
・今までで一番うれしかったこと教えてください。
・今までで一番悔しかったことを教えてください。
・あなたが一番長く続けてきたことを教えてください。
・成功体験を教えてください。
・失敗体験を教えてください。

<大学生活について>

・学生時代に頑張ったことは何ですか?
・学生時代に出した成果を教えてください。
・学生時代に学んだ事は何ですか?
・自分の大学生活を一言で表現してください。
・○○大学に入った理由を教えてください。
・研究室(ゼミ)に入った理由を教えてください。
・休学、留年した理由を教えてください。
・卒業研究の内容を教えてください。
・アルバイトの内容を教えてください。
・課外活動の内容を教えてください。
・サークルやクラブ活動の内容を教えてください。

<志望した理由について>

・志望動機を教えてください。
・当社の業界を志望する理由を教えてください。
・この職種を希望する理由を教えてください。
・会社選びの基準は何ですか?

<自社について>

・当社のHPを見た感想、印象を教えてください。
・当社の業界の存在意義は何だと思いますか。
・当社の業界は今後、どうなっていくと思いますか?
・当社に興味を持ったきっかけを教えてください?
・当社の理念や、ビジョンについてどのように考えていますか?
・当社の強みや事業戦略についてどのように考えていますか?
・当社のサービス、商品の魅力を教えてください?
・当社の弱みはどこだと思いますか?
・この職種で最も大切なものは何だと思いますか?
・会社のあるべき姿、理想の会社とは何ですか?
・大企業としてのメリット、デメリットに関してどのように考えていますか?
・ベンチャー企業としてのメリット、デメリットに関してどのように考えていますか?

<キャリアプランについて>

・今後のキャリアプランについてどう考えていますか?
・5年後、10年後の自分について教えてください。
・あなたの強み、能力を当社でどう活かせますか?
・入社後、挑戦したいことは?
・あなたの夢を教えてください。
・今後どのような資格やスキルを身につけていきたいですか?
・当社から最も何を得たいですか?
・仕事を通じてどのように成長したいですか?

<働く条件について>

・どれくらいの年収を希望しますか?
・残業や土日出勤はできますか?
・転勤がありますが大丈夫ですか?

<聞きにくい質問>

・あなたの強み・長所について教えてください。
・あなたの弱み・短所について教えてください。
・短所を改善するために心がけてることはありますか?
・一生、当社で働きたいと考えていますか?
・他社の選考状況はどうですか?
・他にどのような企業を受けていますか?
・当社が内定出したら就活を辞めることができますか?

<その他・スキルや時事問題など>

・何か質問はありますか?
・あなたにとって仕事とは何ですか?
・仕事で大切だと思うこと何ですか?
・仕事のやりがいは何だと思いますか?
・パソコンのスキルを教えてください?
・語学のスキルを教えてください。
・TOEICの点数を教えてください。
・最近、気になるニュースを教えてください。
・最近読んだ本を教えてください。
・座右の銘、モットー、好きな言葉は何ですか?
・あなたの大切にしている言葉を教えてください。
・尊敬する人を教えてください。

「面接で聞かれること」一覧

まとめ

今回は「面接で聞かれること」の意図や対策法や質問一覧についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。質問一覧は必ずしも全部聞かれるというわけではありません。しかし、突っ込んだ質問を不意にされてもすらすらとスムーズに答えれるように普段から回答を用意して練習を積み重ねておきましょう。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ