Web面接の目的

そもそもWeb面接とは、インターネットを介して行われる面接のことで面接者と学生はPCやスマホの画面を通して対面します。
面接内容としては対面とWEBでは大きな違いはないです。
新型コロナウイルスの感染防止のため、対面面接の実施が難しい場合や面接場所から居住地が遠い場合など、インターネットに接続できる環境があれば場所を問わないので、全国各地の学生が受けられるようになりました。
web面接により時間やコストにも余裕ができ、企業と学生の双方がより効率的に選考を実施することが出来ます。

Web面接の目的

スマホとパソコンどっちがいいの?

スマホもパソコンにも利点たくさんあり、どちらが良いとは一概には言えません。しかし、どちらかを選ぶことが出来るのであればパソコンをオススメします。
その理由としては、スマホで実行できないシステムやツールがあっても、パソコンで実施できないWeb面接システム・Web会議ツールは滅多に無いからです。
もちろんカメラやマイクのクオリティは、面接者に与える印象を大きく左右するので「映り方」「音質」は大事です。しかし、web面接では画質や音質よりも、通信環境の良さが重要となります。インターネット環境が悪く、通信トラブルにより中断されてしまっては意味がありません。
スマホと比べてパソコンは処理能力が高く、トラブルも起こりにくいため、パソコンでweb面接を行うことを推奨します。

スマホでWeb面接を受ける場合の準備

web面接はスマホでも参加可能です。しかし、以下の点に注意して準備しましょう。

①通信環境をチェック

これが何よりも大事です。もし面接途中に通信環境が悪く通信が途切れてしまうと、面接の内容以前の問題で企業に良いイメージを与えられません。
安定して電波を得られるか環境かどうかを入念に確認し、あらかじめ通信環境の良い面接場所を確保しておきましょう。

②アプリをインストール

Web面接では、あらかじめ企業から指定されたアプリを利用します。使用するアプリは企業によって異なりますが、「Zoom」「Skype」「Whereby」などが多いです。アプリを指定されたらまずインストールをしておきましょう。インストール・ダウンロードが完了したら、アプリが問題なく起動するかも忘れずに確認して、使用方法についても事前に調べておきましょう。事前のチェックを怠り直前に慌ててインストールして、アプリが起動しないといったことがないように気を付けましょう。

②充電は満タンに

アプリをダウンロードしておけばOKというわけではありません。面接中にスマホのバッテリーが切れてしまうことがよくあります。面接前に必ず充電を満タンにしておきましょう。
充電しながら面接を受けることも可能ですが、スマホの種類によっては
・充電端子がイヤホンジャックとしての機能も担っており、イヤホンを使うと充電ができないことがある
・充電しながらzoomやskypeなどの通信量が多いアプリを使うと、熱暴走を起こしてフリーズもしくはシャットダウンしてしまう
などの問題が生じる場合があるので、注意が必要です。

④カメラを固定

スマホでWeb面接を受ける場合は、画面が安定するようにスマホをしっかり固定するようにしましょう。スマホ本体が揺れると、面接官が見ている画面に映るあなたの姿は大きくブレてしまい、面接官に不快感を与えてしまいます。最近では、デスクなどにしっかりと固定できるスマホスタンドやホルダーが売っていますので、そちらを利用してスマホを安定させましょう。面接までにスタンドを買うことが出来ないという学生は、自宅にあるもので工夫して固定してみましょう。

⑤部屋の明るさや背景をチェック

自宅でWeb面接を受ける際に部屋の照明だけですと、自分が思っている以上に顔が暗く見えていることがあります。スタンドライトなどで少し照らし、明るい印象になるようにしましょう。
またカメラに映る背景には細心の注意が必要です。カーテンや白い壁など、シンプルな背景にしましょう。そうすると面接官に落ち着いた印象を与えやすくなります。逆に部屋にモノが乱雑に積み重なっていたり、衣類を脱ぎ散らかしたりしているのが映ってしまうと面接官に「整理整頓もしていない」「片付けができない」「無頓着」などの悪い印象を与えることになりかねません。

また壁にカレンダー、写真、趣味のポスターグッズなどがあり。画面に映ってしまうと個人情報が漏洩したり、そのせいで就職活動が不利な状況に陥ったりするかもしれません。
余計な物が映らないように外しておきましょう。

部屋を片付けきれない場合や、余計な物を隠すのに便利な「バーチャル背景」がありますが、不自然に見えるのでWeb面接ではあまりオススメできません。面接の場であるという緊張感を忘れず、そして面接官に不快な印象を残さない背景を意識して面接に挑みましょう。

⑥起動中のアプリや通知はオフに

不要なアプリで空き容量が少なくなれば動作が重くなり、通話に支障が出る恐れがあります。またスマホで他のアプリを開いたままweb面接を受けると、途中で通知音が鳴る可能性があります。面接中に通知があると、気が散るだけでなく、場の空気が途切れてしまいかねません。マナーモードにしていたとしても、振動音を拾うこともあるので、面接中は不要なアプリを終了させておき、通知音が鳴らないようにサイレントモードに設定しておきましょう。スマホの電源を切る、あるいは機内モードに切り替えて、不必要な通信を遮断するのも1つの手です。

スマホでweb面接を受ける場合の失敗例

スマホでweb面接を受けた際に起きることが想定される失敗例をご紹介します。

①入室時間ジャストでの入室

Web面接も対面式の面接と同じで、5~10分前には待機しておきましょう。指定された時間通りに入室してしまい、うまく繋がらずに慌てた状態で面接が始まるという失敗は避けましょう。「○○時にログインしてください」と言われたら、遅くても面接開始5分前には入室して面接の準備をしておきましょう。
逆に入室があまりにも早過ぎると、面接官にも準備や予定があるので迷惑になりかねません。したがって、開始時間の5~10分前がベストといえます。

②家族が乱入

自宅でWeb面接を受ける学生がほとんどだと思います。その際に、家族が突然部屋に入ってきてしまい、画面に映ってしまうこともあり得ます。面接官に準備不足と思われないように、部屋のドアにカギをかけたり、これから面接をすること・面接の時間帯などを事前に伝えておきましょう。

③服装

『「画面越しだから下半身まで映らないだろう」などと考え、上半身はスーツを着用し下半身はスウェットやジーンズなどラフな格好で面接を受けて、最後に立ち上がった際に映ってしまった』っという恥ずかしい失敗談があります。

Web面接でも対面での面接と同様に、きちんとスーツを着用するのがマナーです。
面接は第一印象が大切です。、何かの拍子に立ち上がった時に下半身がカメラに映る場合も想定して、スーツを着て全身の身だしなみを整えて挑みましょう。

また自宅だとつい忘れがちなのが髪型です。面接官に失礼のない、敬意を払った服装・髪形・メイクで面接に臨むことは、対面での面接と同じです。リラックスという言葉を履き違えないように、採用面接の場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。

④周囲の音

自宅でweb面接を受ける場合でも、電車や車の音、話し声や工事の騒音などのノイズに注意しなければいけません。部屋の空調の音や外部からの雑音などは、ある程度は許容されることもありますが、出来る限り生活音や外部からの騒音などが入りにくい場所でWeb面接を受けましょう。自分が思っている以上にスマホではさまざまな音を拾うものです。もし面接官に聞こえてしまうと、悪印象に繋がるかもしれません。外の音が入ってこないように、その部屋の窓やドアは閉めたり、宅配便は時間指定をするなどの対策をしてノイズが入らないように気を付けましょう。また同居している家族がいる場合は、事前に面接があることや面接の時間帯を伝えて、「面接中に声をかけない」「電話や電化製品などの使用で音をたてない」などの協力をしてもらいましょう。

⑤カンペが剝がれ落ちる

「web面接ならカンペはバレないのでは?」という考えもよくある失敗です。画面に写り込まない死角をうまく利用すれば面接官に気付かれずにカンペを使うことが出来る!という考えはあまりオススメできません。Web面接だからこそ、面接官は学生の感情を読み取るために視線をチェックしています。カンペを読む際に下を向くと表情が暗くなりますし、いかにもカンペを見ながら話していることが分かります。カンペは極力使わないようにしましょう。

⑥上から目線

スマホの位置が低い位置にあると、面接官を見下ろしているように映り、「上から目線」になってしまうので気を付けましょう。
逆に高すぎると「上目遣い」になったり、顔が良く見えなかったりします。悪印象を与えないように目線の高さカメラの高さが平行になるように設置しましょう。

スマホでのweb面接こそ準備・練習を確実にしよう

今回はスマホでweb面接を受ける際の準備や失敗例についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。パソコンかスマホではパソコンの方がいいですが、スマホでweb面接をしてはいけないというわけではありません。スマホでweb面接を行う場合は上記の準備や失敗例を読んで準備・練習をしてから面接に挑みましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ