対面面接での入室の仕方・マナー

対面面接での入室の仕方・マナーについてご説明します。

①ドアを3回ノックする

2回は空室確認、3回は入室確認を意味しますので、面接の場合は3 回ノックしましょう。この際のノックをする音の大きさ速さにも注意しましょう。また間違えて2回してしまったからといって何回もやり直す必要はありません。かえって催促しているようになってしまいます。

②部屋に入り、ドアを閉める

部屋の中から「どうぞ」という声が聞こえたら、「失礼致します」と返事をしてからドアを開けて入室しましょう。ドアを閉める時は、ドアの方を向いてドアを閉めましょう。後ろ手に扉を閉めるのはマナー違反です。その際に大きな音を立てないように、done閉めるように気を付けましょう。

③面接官の方を向いて、お辞儀をする

ドアを閉め終わったらその場で面接官の方へ向き直り、「本日はよろしくお願い致します」と一言伝えてから、お辞儀をしましょう。
この際のお辞儀の角度は、30度が目安です。首だけでお辞儀をするのではなく、背筋を伸ばし腰から曲げましょう。頭を下げている状態で、心の中で「1、2」と数え、「3」で元の姿勢に戻します。
また手の位置は、男性はズボンの縫い目に添った所で真っすぐ手のひらを伸ばし、女性は腕を前方向へ出して、左手を右手の上に重ねるようにしてお辞儀をすると綺麗に見えます。

④いすの横に立つ

お辞儀の後、用意された椅子まで姿勢良く進み、椅子の横に立ちます。面接官から「大学名とお名前をお願いします。」と言われたら、
A「○○大学○○学部の○○と申します。よろしくお願い致します。」
と言ってから、深くお辞儀(45度)をしましょう。その際、Aを言ってからお辞儀という順番に注意しましょう。

⑤着席

面接担当者に「どうぞお座りください」や「おかけください」と言われたら、「失礼致します」と言ってから、浅めのお辞儀(15度)をして着席しましょう。

座っているときのポイント

面接官は志望動機や自己PRの内容だけではなく、入退室のマナーや座っている時の姿勢、挨拶する時の表情など様々な点を見ています。
自社のお客様と接する時を想像して評価する面接官も少なくありません。
座っているときのポイントを下記にまとめましたので、座り方にも気を付けましょう。

・椅子に深く腰掛けず、半分くらいの位置に座る
・背もたれにもたれず、背中を少し反らす
・心持ち肩を後ろに引いて胸を張る
・あごを引いて背筋を伸ばす

男性は両膝を軽く開き膝の上握りこぶしにして乗せる
女性は両膝を閉じ足を揃えて座る。両手は重ねて膝に乗せる

※足を投げ出す、猫背になる、崩した姿勢はだらしなく見え、悪い印象を面接官に与えるので絶対にやめましょう。

web面接での入室の仕方・マナー

対面の面接の場合、遅刻しないよう早めに現地に到着しておくことが基本のルールです。WEB面接の場合も、時間を守ることは大切です。時間厳守というのは社会人としての常識なので、決められた時間に遅れるということはそれだけで印象が悪くなります。

Web面接も、対面の面接と同じ5~10分前には待機しておきましょう。指定された時間通りに入室してしまい、うまく繋がらず、慌てた状態で面接が始まるという失敗は避けましょう。「○○時にログインしてください」と言われたら、遅くても面接開始5分前には入室し、面接の準備をしておきましょう。逆にあまりにも早過ぎると面接官も準備がありますし、迷惑にあたるかもしれませんので開始時間の5分前がベストだといえます。

ですが、入念に事前準備をしても接続トラブルが発生する可能性はあります。もし入室できなかった場合のために、緊急連絡先も念のため確認しておきましょう。

入室が許可され、自分の顔が画面に映し出されたら
「○○大学○○学部の○○と申します。よろしくお願い致します。」と挨拶をしましょう。
第一印象はとても重要ですので明るく元気よく挨拶することを心がけましょう。

web面接での入室の仕方・マナー

対面面接での退室の仕方・マナー

対面面接での退室の仕方・マナーについてご説明したいと思います。

①座ったままお礼をする

面接が終わったら、着席したまま「本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べた後にお辞儀をしましょう。この際当然ですが、椅子を引くなどしていた場合は元の位置に戻しましょう。

②立ってお辞儀をする

一礼した後に立ち上がり、姿勢を正してお辞儀しましょう。その後に出口の扉へと向かいます。

③ドアの前でお辞儀をする

ドアの前まで来たら、面接担当者の方へ向き直って「失礼致します」と言った後に、30〜45度の角度で丁寧にお辞儀しましょう。一礼した後に扉を開けます。

④ドアの開閉に注意して退室する

入室の際と同様に、ドアに背を向けないように注意しましょう。ドアの開閉はなるべく音を立てないように静かに閉めます。これらの2点に十分に気を付けて退室しましょう。

web面接での退室の仕方・マナー

面接が終わったら、「本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べた後お辞儀をしましょう。その後、企業側が退室するのを待ちます。先に切ってしまうとあまり良くない印象を持たれてしまう可能性があります。

しかし、しばらく経っても企業側が退室しない場合や、「どうぞ、終了(退室)して頂いて構いません。」と企業側から告げられた場合はこちらが先に切っても大丈夫です。
その際に念のため「それでは失礼いたします。」と一声かけてから切りましょう。

退室時に面接官が見ているポイント

退室するとつい気を緩めてしまいがちです。建物を出るまでが面接だと意識して行動しましょう。面接を終えてやってしまいがちなNGな行動を下記にまとめましたので、これらをしないように気を付けましょう。

・だらしない態度を取る
・普段の話し方が出る
・不用意な発言をする
・飲食をする
・すぐに携帯の電源を入れる

ビルを出るまでは気を抜かないようにしましょう。面接官以外の社員にも見られている意識を持って、緊張感を持って行動しましょう。

退室時に面接官が見ているポイント

面接の入退室マナーは一生役立つ

今回は面接時の入退室の仕方・マナーや注意すべきポイントについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。面接では志望動機や自己PRの内容だけではなく、入退室のマナーや座っている時の姿勢、挨拶する時の表情など色んな点を見られていることがお分かり頂けたかと思います。。急にマスターすることは難しく、数回の練習では本番でぎこちなくなってしまいます。なので普段から練習をして、スムーズに実践出来るようにしておきましょう。この面接の時に身につけたマナーは入社した際にも大いに役立ちますので、ぜひこの機会にマスターしておく価値が十分あると言えます。就活に役立つだけでなく一生役立つスキルを身に付けられると考えて、体が覚えるまで何度も練習しましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ