男女共に清潔感のある髪型を心がけよう

男女共に共通して言えるのは、就活の時の髪型は清潔感があることが必須です。
就活をしていると皆似たり寄ったりな髪型をして変化がないように見えますが、簡単に崩れてしまわないようにとしっかりとセットするのが大切です。
崩れることで清潔感が損なわれないようにと意識をするためです。
その理由は、髪をしっかりと洗って綺麗にしていても、髪がぐちゃぐちゃだと清潔には見えません。
就職活動中は、オシャレを自慢する場ではないので凝った髪型にする必要はなく、崩れにくいようにきちんと整えておくことが重要です。
色も濃い茶髪ならOKとなっている事もありますが、やっぱり黒が好ましく、茶色に染めている人は就活の間だけは黒に染めておきましょう。
みんなが黒い髪の中、一人だけ明るい髪色をしているとマナーの低さや、威圧感を与えてしまう恐れもあります。
マイナスにつながることはあらかじめ避けておくのが無難です。
地毛が茶色い人は黒に染めなくても大丈夫です、万一注意をされることがあれば地毛であるとしっかりと伝えましょう。
もちろん天然パーマでない限りはパーマをかけるのも厳禁です。

男子就活生におすすめの髪型

男性の場合、ヘアスタイルは一貫してショートで、ロングヘアはやめましょう。
横髪は耳にかからないものが好ましく、前髪も眉毛と同じくらいの位置かそれよりも上くらいでカットをすると清潔感がアップします。
顔の輪郭が見える横髪は、実は印象付けるのに大きな効果があり、少々長めであると優しい印象を持たせます。
しかし、長すぎると不清潔に見えてしまうので、耳がちゃんと出るようにカットしておきます。
オールバックは問題ですが、前髪が短く左右に流している髪型は爽やかな印象を持たせますし、長くて目を隠すような状態だと根暗などのネガティブな印象を持たせてしまいます。
襟足の長さも長すぎると不真面目な印象を与えてしまうので、短くカットするのがオススメですよ。

女子就活生におすすめの髪型

女性の場合は、ロングヘアでもショートヘアでもどちらでも問題はなく、髪型にある程度選択肢が生まれます。
ロングヘアの場合は、アップにして髪が顔にかからないようにしましょう。
ハーフアップでも大丈夫ですが、顔を隠してしまう要素はできるかぎり、取り除いておくのが理想です。
ミディアムヘアは結んでもそのままでもどちらでも良く、しかし耳が見えるように髪をかけるようにしましょう。
耳が見えた方が良いのは男女共に同じで、学生ならではの爽やかさを見せることが出来ます。
髪を結ぶ時は黒や茶のゴムを使い、ピンなども黒の目立たないものにしましょう。
ショートヘアの場合もまた耳を出すことを心がけ、前髪は左右で分けるようにすると大人っぽい印象を持たせます。
前髪はピンやワックスで固めるようにし、頭を下げても崩れないようにセットをしましょう。
男女共に言えることですが、企業説明会の段階から髪型はしっかりと整えておかねばならず、ここで油断をしてしまうと後の内定に響くと考えて良いです。
私の友人は学校の企業説明会で、無造作ヘアで挑んだところ、面接の段階で担当者がそれを覚えていて指摘されたと冷や汗を掻いたそうです。
このようなことにならないように油断しないように髪型を整えて就活に挑みましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ