多くの学生は平服をオフィスカジュアルととらえている

多くの学生は平伏をオフィスカジュアルととらえています。しかし、実際に”平服で来てください”と書かれてジーンズにTシャツといった格好で行ってしまうと周りから浮いてしまうことがあります。

平服とは?<男女別>

そもそも平服とは・・・

礼服・礼装などでなくても良いという意味で使われますが、最近ではスマートカジュアルやビジネスカジュアルといった言い方が広まってきています。

【男性】
平服といわれると、硬いイメージの服装の逆を想像してカジュアルな普段着と解釈してしまいがちです。
ただ、社会人の間で用いられる平服とは本来なら硬いイメージの服を着る場面だが、そこまでの恰好はしなくていいという意味になります。
なので結婚式やホテルなどで言われた場合は基本的にはスーツで行くのが常識です。

【女性】
女性の場合も男性の場合と同様に、カジュアルな普段着ではありません。フォーマルなドレスよりも少しだけカジュアルな服という具合に捉えておきましょう。
女性の場合は男性の場合と少し異なり、ビジネススーツを着ていけばいいかといわれるとそうではありません。せっかく招待されたのですから、華にかけることになるのだけは避けましょう。
なので結婚式やホテルなどに招待されたときはワンピースにジャケットを着るのが無難です。

面接で平服の指定があった場合

企業が平服を指定する際は何かしらの意図があると考えておいたほうがいいです。

込められている意図は企業によって様々ですが、あえて平服を指定しておいて就活生の質を見ている場合もあれば、素養やマナーを見ている場合もあります。
社会人からすると、平服の指定があったとしてもリクルートスーツで行くのが無難です。
つまり、基本的なビジネススーツのマナーに沿った服装をするのがベストということです。
色はできるだけ黒が望ましいです。スーツを選ぶときのポイントは、できるだけ自分の体格にあったものを選ぶことがのぞましいです。

⇩詳しくはこちら
<就活時の服装で悩んでいる人へ>就活の際に気を付ける服装 スーツ&時計を選ぶポイントは!?

面接官や人事担当者も人間ですから、考えていることに正解などありません。
”平服で来てください”と言われたら無難な恰好をしておきましょう。

面接で平服の指定があった場合

おすすめのリクルートスーツ

AOKI ウォッシャブルメンズスーツ、AOKI プレミアムウォッシュレディーススーツ

立つ。座る。手を伸ばす。ちょっとした仕草を妨げないことは疲れにくさにも繋がります。
表地も裏地も伸縮性が良いです。お金がない時や忙しいとき、クリーニングに出さずに自宅の洗濯機で済ませたいときにも最適です。

まず、洗えるのが一番いいところではないでしょうか。クリーニング代がかかりません。
私も一着持っているのですが、特殊な縫製で型崩れにも強いです。

⇩公式サイトはこちら
AOKI ウォッシャブルメンズ・レディーススーツ公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。最初は平服と指定する意味はないんじゃないの?と思っていた就活生もいたかもしれません。
ですが、企業がこういった常識やマナーを見ている可能性は多くあります。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ