面接結果の通知方法

面接結果を伝える方法には電話以外にもメールや郵送といった方法があります。

①電話

電話の場合は合格率が高いです。電話ですと連絡がつきやすいのが1番の理由です。企業はいい人材が他社に行かないように早くから確保しておきたいのです。電話でできる限り早く結果を伝えるとともに、学生の意思確認も行いたいというのが企業側の考えです。また次の面接があるときは、そのまま予定を聞くことが可能ですので合格の際は電話が多いです。

②メール

メールの場合は合格率が低いです。不合格の場合は、企業側として早めに結果を伝える必要がありません。なので、必ず繋がるわけではない電話で伝えるよりも、メールを送る方が確実に手間をかけずに済むので楽です。だからといってメール=不合格というわけではありません。メールでも合格の連絡は来る場合がありますので、迷惑フォルダに振り分けられていないか確認をしときましょう。電話にだけ集中しすぎてメールの確認を怠っていると、対応が遅れ合格が取り消されてしまう可能性もありますので、気を付けましょう。

③郵送

電話やメールに比べ、郵送は届くのが遅く、早く結果を伝えるのには不向きです。なので、不合格の可能性が高いです。郵送は送付するコストもかかるので、どちらかというと最終面接の結果で合格の際に内定承諾書等の書類も同封して届くケースの方が多いです。

面接結果の通知方法

面接結果の電話は何日後に何時ごろかかってくる?

結果連絡が電話と言われた場合、面接何日後に電話がかかってくるのでしょうか。
また、電話がかかってくる時間帯は何時ごろなのでしょうか。

何日後にかかってくる?

一般的に結果連絡が面接後「約1週間」でかかってくることが多いと言われています。なぜ約1週間かかるかというと、応募人数が多く、選考に時間がかかっていることや、採用担当者がほかの業務で忙しいことが原因であるといえます。また合格者から優先的に連絡をして、不合格者にはその後に連絡することが多いので、連絡が遅くなる場合があります。

何時ごろに電話が来る?

・午前中:企業によってかなり異なりますが、午前中にかかってくることが多いです。その理由は朝に会議を行い合格者を決定し電話連絡をすることが多いようです。企業としても合格者には「早く良い人材を確保したい、逃したくない」という気持ちがあり、「できるだけ早く連絡を入れないと」という焦りがあります。
・夜:夜に電話がかかってくる場合もあります。1番早いのは面接当日の夜です。その理由は先ほどの理由と同じで、応募者がよほど面接官に気に入られたかよほどの人材難の可能性があります。またもう1つの理由として言えるのは、採用担当者が他の業務で忙しいことです。採用担当者の多くは人事部に所属していますが、人事の仕事は採用活動だけではありません。他の業務で忙しく、一通り仕事を終えてから面接結果の電話をかける場合も多いです。

面接結果の電話は何日後に何時ごろかかってくる?

あまりに遅いときは問い合わせよう

約1週間で結果連絡が来ると言われていますが、せめて2週間待ちましょう。2週間以上経っても連絡がない場合は問い合わせましょう。
電話で問い合わせるのはメールより解決に近づくスピードは早いですが、場合によって失礼に当たる可能性があるので気を付けましょう。
「合否を教えていただけますでしょうか。」と直接合否を聞くと、企業側の都合を無視しているように受け取られる可能性がありますので、あくまでも「いつ頃連絡をもらえるか」を問い合わせます。結果連絡の期日を聞いていた場合は問いただすような内容にならないように注意しましょう。「~日に連絡するとお伺いしたのですが…」などの催促するような言い方は印象が悪いのでやめましょう。面接時に期日を確認していなかった場合は「本来ならば面接時に〜」とこちらにも落ち度が合ったことを伝え、丁寧な言い回しを意識して行うようにしてください。
電話で問い合わせをしてもその場では結果を教えてもらえないケースが多く、通話終了後に改めてメールで結果が届くのが一般的です。また、電話で問い合わせをする場合は、内容を簡潔に伝えることが重要で、相手に言われた内容を聞き逃さないようにメモと筆記用具を用意しておきましょう。

あまりに遅いときは問い合わせよう

面接結果の電話の受け取り方

電話の受け取り方がいいと、人事の方も社会人として働いている姿を想像しやすく好印象です。相手に失礼のないマナーを心がけましょう。面接結果の電話が来た際の受け方のポイントを9つにまとめましたので確認しましょう。

①3コール以内で出る

担当者の方を待たせないように、なるべく早く応答するのも電話のマナーの一つです。電話がかかってきたら、できるだけ3コール以内に出ることを心がけましょう。

②ハキハキと受け答えする

面接結果や今後の流れが電話で言われるでしょう。その際に、自信がなさそうにボソボソと話したり、滑舌が悪かったり、明確な伝え方をしなかったりなどすると、相手に聞き間違えや勘違いを起こさせてしまう可能性があります。特に電話は対面で話すよりも聞き取りづらいことが多いので、十分な声量でハキハキと受け答えしましょう。

③感謝の気持ちを伝える

採用担当者から合格を告げられた際は「わーうれしい!ありがごとうございます。」など感情が先走らないように冷静に、「ご連絡ありがとうございます。このたびは選考の時間を作っていただき、誠にありがとうございます。」と丁寧に感謝の言葉を伝えましょう。なるべく元気よく、入社熱意を伝えましょう。

④メモを用意する

面接結果の電話では、今後の流れなど、重要なことを伝えられる可能性があります。それらの情報を覚え間違えたり、忘れたりなどしないように、メモが取れるように用意しておきましょう。伝えられたことを忘れて、確認の電話をかけ直したりすると印象が悪くなってしまうので忘れないようにメモをしましょう。

⑤日時や場所を復唱する

今後の面接や研修などの日程や場所が決定したら、復唱して相手に確認しましょう。復唱して聞き間違えがないか、担当者に確認するようにしましょう。そうすることで、相手も「しっかり伝わっている」と安心できます。

⑥環境を整える

企業から電話がかかってきたときに、学校や外などにいると、周囲が騒がしいこともあります。そのような場合は静かな場所へ移動して電話に出るようにしましょう。騒がしい場所で電話を受けてしまうと、声が聞き取りにくかったり、聞き間違えをしてしまう可能性があります。いったん電話に出てから、静かな場所に移動するのでも構いません。また、自宅にいる場合は、テレビや音楽などを消してから電話に出ましょう。重要なやりとりをする電話なので、必ず静かな場所で電話をしましょう。

⑦相手が切ってから電話を切る

電話のビジネスマナーとして基本的に自分から先に切ってはいけません。相手が電話を切ったことを確認してから、電話を切るようにしましょう。また切る際に「本日はお忙しいところお電話に対応いただきありがとうございました。それでは失礼します。」のように必ず挨拶をしましょう。「失礼します。」と言われてすぐにブチッと切らずにひと呼吸おいてから静かに切りましょう。

⑧留守番電話設定をする

留守番電話にしておけば、電話に出れなかったときでも、どの企業から、どのような内容で電話をかけてきたのかメッセージで確認することができます。もし、留守番電話でメッセージが残せなければ、企業は本人に繋がるまで、何度も電話しなくてはいけなくなってしまいますので、企業の手間を省くためにも留守番電話設定をしておきましょう。

⑨出れない場合は必ず折り返しする

授業中やアルバイト中、電車に乗っている時など、どうしても電話に出られない状況があります。その際は、必ずその日の営業時間以内に企業に折り返しの電話をしましょう。すぐに電話に出られなかったことをお詫びしてから、用件を聞くようにしてください。間違っても知らない番号だからだといって、放っておいてはいけません。電話に折り返すことは最低限のマナーですから、折り返しの電話を忘れないようにしましょう。

面接結果の電話の受け取り方

まとめ

面接結果の電話までの期間や時間の目安、電話の受け取り方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。面接結果は進めば進むほど電話で来ることが多く、電話に出る際のビジネスマナーは社会人にとっては常識です。いつでも電話がかかってきてもいいように、マナーの確認をしておきましょう!

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ