就活マナー

  • お気に入り
  • 0SCORE

折り返し電話は翌日でいいのか?~就活~マナー編~

折り返し電話は翌日でいいのか?~就活~マナー編~

就活をしている状況の中で、企業と電話のやり取りを行うことは増えていくでしょう。そんな時、企業からの電話に出ることができず、不在着信が携帯電話に入っている場合、折り返しの電話は翌日でもいいのでしょうか。

今回は、就活において折り返し電話は、当日がいいのか翌日でもいいのか、詳しい内容を紹介していきます。

電話やメールのマナーの確認

就活中は、企業にメールを送ったり、電話をかけるシーンがあります。この時には、しっかりビジネスマナーを守ることが大切です。

電話やメールのマナーとは、どのようなことが言えるのか解説していきます。

・電話は翌日には持ち越さない

就活中に企業から電話がかかってきても、すぐに取ることができず、不在着信となることがあります。この時には、翌日に持ち越さないことがビジネスマナーとして大切です。

企業からの電話をすぐに取ることができないのは、忙しいことを採用担当者も理解しているので仕方がありません。

ただ当日に折り返しの電話をかけることがマナーなので、しっかり対応するようにしましょう。

・できるだけ早く折り返すのがマナー

就活中に、すぐに電話を取ることができないのは仕方がないことです。重要なのは、折り返しの電話をできるだけ早くかけるという点になります。

折り返しの電話が遅れるほど、企業にマイナスイメージをつけてしまうので、できるだけ早く折り返し電話を入れてあげましょう。

電話やメールのマナーの確認

折り返し電話のポイント

就活の際に、企業へ折り返し電話をかける場合、様々なマナーや注意点があります。どのようなポイントがあるのか、紹介していきましょう。

・折り返す前に先にメールを確認

企業からの不在着信があったからといって、すぐに折り返して電話をする前に、留守番電話やメールを先に確認しましょう。

留守番電話やメールに、企業からの指示が残っているケースがあるので、確認せずに連絡すると、連絡ミスや混乱を招いてしまう恐れがあります。

他にも、急な用事ではない場合、返信不要と企業側から連絡が残されているケースもあるので、しっかり確認してから折り返し電話をかけるようにしましょう。

・折り返し電話をかけたなら先に電話を切る

企業に折り返し電話をした際に、相手が切るまで待つという方がいますが、基本的なマナーとして、自分からかけた場合は、自分から切るのがマナーです。

折り返し電話をしたにも関わらず、相手が切るまで待っていると、ビジネスマナーを把握していないと印象が悪くなる可能性があります。

折り返し電話のポイント

折り返しが翌日になってしまう場合の対処法

就活中は、どうしても忙しく、不在着信があった当日に折り返し電話をかけることができなかったという方もいるでしょう。その場合は、どういった対処法が正しいのか紹介していきます。

・翌日の午前中に連絡する

当日に折り返し電話をすることがビジネスマナーとして大切ですが、忙しくて対応できなかった場合は、翌日の午前中までに電話を行うようにしましょう。

翌日の午後に連絡してしまうと、採用担当者のイメージが悪くなってしまう可能性があります。

また午前中といっても、始業時間前には連絡を入れず、10時以降など、少し落ち着いた時間に連絡を取ることが大切です。

・事前に留守番電話を確認

企業から不在着信が入っている場合は、留守番電話にメッセージが残されていることがほとんどです。そのため、翌日の連絡になってしまう場合は、事前に留守番電話の内容を角煮しておきましょう。

事前に確認しておけば、用件や何を伝えるのかを把握してから連絡することができるので、連絡ミスが起きることもありません。

折り返しが翌日になってしまった場合の対処法

企業からの電話に気付かず、折り返しの電話が翌日になってしまった場合、どのような対処法が必要なのか紹介していきます。

・折り返しの電話が遅くなったことを謝罪する

翌日での折り返し電話になった時、まずは謝罪の言葉を示すことが大切です。事情があったとしても、すぐに折り返しができなかったことは事実なので、丁寧に謝りましょう。

折り返し電話が翌日になってしまうと、印象が悪くなってしまう恐れはありますが、しっかり謝罪の言葉を述べることができれば、それだけでも評価の対象になります。

・電話をする場所に配慮

折り返しの電話が翌日になってしまったからといって、その場で電話をしても問題ないか、確認しましょう。

周囲が騒がしい状態では、先方の声も聞き取りづらく、相手も何を話しているのか理解できない可能性があります。

折り返しの電話をする場合は、冷静に会話ができる場所に移動してからかけることを意識してください。

まとめ

就活の際に、企業から不在着信が入っている場合、できるだけ当日に折り返しの電話をするのが基本です。しかし折り返しの電話が翌日になってしまうこともあるでしょう。

その場合は、謝罪の言葉を述べて、真摯な姿勢を見せることが大切です。

企業への折り返しの電話の対応で、印象を大きく変えてしまうので、しっかり対応することを意識してください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ