open esの写真に説明文を加えるメリット

ここからは、open esの写真に説明文を加えるメリットについてくわしく解説します。なかにはめんどくさいからという理由で写真の説明欄を空欄で提出してしまう方がいますが、とてももったいないです。せっかく写真と合わせて自分の魅力をアピールできるところなので、有効に活用してください。

印象に残りやすくなる

open esの写真に説明文を加えると、採用担当者の印象に残りやすくなります。写真で興味をひいて、説明文を読んで納得できるようにしておくとかなり採用担当者のmwに泊まりやすくなるのでおすすめです。
また、open esの写真の説明欄をしっかりをしっかりと書くことは、open es全体の印象の良さにも影響します。すき間なく書きすぎるのも印象が悪いですが、空欄があると目立ってしまうので、open esの写真の説明欄は空欄にしないでください。

写真のくわしい内容を伝えられる

open esの写真に説明文を加えると、写真のくわしい情報について伝えられます。例えば趣味が読書だったとして、本棚の写真を載せただけでは何の写真か分かりません。しかし、「私の趣味は読書であり、特に好きな分野は経済学です。毎日30分の読書が楽しみです」と説明を加えるだけで、より写真から与えられる情報を増やせます。
写真が個性的でとても興味を引くような内容でも写真の説明欄が空欄だと、よりくわしい内容が伝えられないので印象に残りにくくなってしまいます。そのため、写真の内容を簡潔に書いておくといいです。

他の就活生と差別化を図れる

open esの写真に説明を加えると他の就活生と差別化を図りやすくなります。自己PRやガクチカの内容と関連性がある写真を選び、説明欄を記入することで採用担当者の目に留まりやすいエントリーシートになります。
さらに、インパクトのある写真を載せる場合は、説明の内容によって説得力を持たせられる場合もあるので、たった40字の説明欄ですが大切に記入してください。

open esの写真に説明文を加えるメリット

open esの写真に加える説明文の効果的な書き方

ここからは、open esの写真に加える説明文の効果的な書き方についてくわしく解説します。自己PRやガクチカの内容と関連性がある写真と説明欄を合わせて使うと、採用担当者により明確にアピールポイントを伝えられます。
また、写真が魅力的でも説明文がないと何の写真か分からずに不完全燃焼のままで終わってしまう場合があります。そのため、できるだけ具体的かつ簡潔に説明することを意識して書くといいです。

自己PRの写真なら自己PRの内容を要約する

自己PRの写真なら自己PRの内容を要約したものを説明欄に記入するといいです。ただ部活に取り組んでいる写真を載せるより、どのような場面・感情の写真なのかを説明欄に書くと、より伝わりやすくなります。
さらに、写真に合った説明が加えられていると、写真だけでは伝えられない具体的な数字や規模間を伝えられるのでおすすめです。写真ではなくフリー素材を使う場合も同様に、その画像から伝えたいことは何なのかを具体的に記入するとかなり効果的です。

できるだけ40文字ギリギリまで書く

open esの写真の説明欄の文字数制限は40字です。そのため、いかに40文字の中でよりくわしいポイントを伝えられるかがポイントになります。また、空欄を多めに残すのではなく、できるだけ40文字ギリギリまで書くといいです。
さらに、部活の写真を載せる場合は、「部活」と書くのではなく「バスケットボール部での普段の練習の一場面」と書いた方が印象に残りやすくなります。そして、文化祭の場合も「文化祭」ではなく「文化祭における委員会での屋台運営」と書いた方が、自分が頑張ったことを具体的に伝えられるのでおすすめです。

キーワードを入れる

open esの写真に加える説明文を書くときは、キーワードを入れることを意識して書くといいです。例えば、大学時代にサッカー部を頑張っていたことをアピールしたい場合、「サッカー」や「練習の風景」などの風景を載せるといいです。
さらに、直接的に部活をイメージできる写真ではなく、試合後にチームのメンバーとご飯に行ったときの写真を載せるのも効果的です。「試合の後に仲間と食べるご飯はおいしい」と説明欄に記入すると、より試合後の感情を伝えられます。

open esの写真に加える説明文の効果的な書き方

open esの写真に加える説明文の書き方の例

ここからは、open esの写真に加える説明文の書き方の例についてくわしく解説します。自分がアピールしたい事柄ごとに効果的な書き方があるので、ぜひ参考にしてください。また、真面目さや積極性など、自分がアピールしたい自分の魅力に合わせて記入するとより効果的なのでおすすめです。

インターンシップに参加したときの写真の場合

インターンシップに参加したときの写真の場合の場合は、インターンシップを行った場所や内容を簡潔に説明するといいです。何をしている場面なのかを説明すると採用担当者の印象に残りやすくなります。
また、その時の感情や感想を簡単に説明するとリアリティーが出るのでおすすめです。例えば、企業の商品開発部門にインターンシップに行った場合には、「商品開発の会議をしている様子です。成分表と照らし合わせるのが難しかった」と書くといいです。
受ける企業とは別ジャンルの企業のインターンシップだったとしても、くわしい説明書くことで自分が学んだことをアピールできます。

飲食店でのアルバイトの写真の場合

飲食店でのアルバイトの写真の場合を載せる場合は、自己PRをイメージしやすいように実際の仕事風景を載せ、具体的な内容を説明するといいです。しかし、アルバイトの写真を載せるときは、あらかじめ撮影許可を上司にもらってからにしたほうがいいです。また、お客さんの顔が写らないように配慮する必要があります。
また、直接アルバイトに関係のある写真のほかに、粘り強さをアピールするために接着剤や納豆のフリー素材などを活用するのもおすすめです。接着剤のフリー画像を載せて「私は粘り強さに自信があります」と説明すると、他の就活生と差別化も図れるのでおすすめです。

ゼミで発表しているときの写真の場合

ゼミで発表しているときの写真の場合は、具体的に何を発表している様子なのかを特に説明するといいです。また、自分が研究している事柄についても触れると、ガクチカと合わせて注目してもらいやすくなるのでおすすめです。

部活で大会に出場しているときの写真の場合

部活で大会に出場しているときの写真の場合は、部活名や大会の成績などを書くとリアリティーが増します。また、「チームメイトのおかげで楽しめた」や「普段の練習の石化を存分に生かせた試合だった」など、自分の感想も簡単に書き加えると採用担当者に興味を持ってもらいやすいです。

open esの写真に加える説明文の書き方の例

まとめ

今回は、open esの写真の説明欄を記入するメリットや効果的な書き方について解説しました。企業側はopen esの自己PRや学生時代に頑張ったことを書く欄の文章だけでなく、写真の説明欄も細かくチェックしています。
また、写真を具体的に説明する文章を記入すると、他の就活生と差別化も図れるのでおすすめです。中には、めんどくさいからと言って空欄で提出してしまう方もいます。しかし、せっかくインパクトのある写真と合わせて自分の魅力をアピールできるところなので、有効的に活用してください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ