OpenESのプロフィールに載せる写真のコツ

プロフィール写真よりもESの内容が大事と思っている方もいると思いますが、プロフィール写真がしっかりしていないと内容すらみてもらえません。なぜなら、採用担当者は山ほどのesを見ないといけないからです。一番最初に見られるESのプロフィール写真がしっかりしていないと、内容を見られずに不採用と判断されてしまいます。
OpenESのプロフィール写真に載せる写真のコツは4つあります。これから紹介する4つのコツをしっかり行う事で、内容までみてもらえる確率が上がります。
ぜひ、実践してみてください。

必ずスーツで撮影する

OpenESのプロフィール写真は、必ずスーツで撮影しましょう。スーツ以外の服装でプロフィール写真を撮影している場合、常識がないと判断される事が多いです。
私服でプロフィール写真を撮影すると、ESの内容は見られずに写真だけで不採用になる可能性もあります。そのため、必ずプロフィール写真はスーツで撮影しましょう。

前髪は目にかからないようにする

男性も女性も、前髪が目にかからないようにしましょう。
プロフィール写真は、髪型も非常に重要です。男性であれば、短髪で前髪を上げる事で明るい印象を与える事ができます。女性は、眉毛と耳が見えるようにしましょう。メイクをした状態でプロフィール写真を撮影しますが、おしゃれを意識したメイクではなく就活生として適切なメイクにしましょう。
髪色は、男性であれば黒色、女性であれば地毛に近い自然な髪色にするように心がけましょう。

正面を見ているものを選ぶ

プロフィール写真は、しっかり正面を見ている写真にしましょう。撮影する際に顔が横にズレていたり、傾いていたりする事があります。
そのため、必ず撮影したプロフィール写真を確認し、正面を向いていなかったら撮影し直しましょう。

明るさが適切なものを選ぶ

プロフィール写真は、明るすぎても暗すぎてもよくありません。明るさの基準は、担当者が見た時に暗い印象を与えず、明るすぎて見えづらくない写真です。
また、背景も大事になります。就活用のプロフィール写真の背景は、白、グレー、青が良いと言われています。おすすめば、青色です。薄めの青であれば、爽やかな印象を与える事ができます。
そのため、背景はできれば青色にしましょう。

OpenESのプロフィールに載せる写真のコツ

OpenES のプロフィールに載せる写真の注意点

OpenESのプロフィール写真の注意点は、4つあります。当たり前と感じる人も多いと思う注意点ですが、破ってしまうと担当者の評価を下げてしまいます。
そのため、しっかり4つの注意点を理解し守りましょう。

マスクやサングラスは外す

プロフィール写真の基本は、顔全てが写るようにする事です。眼鏡はOKですが、マスクやサングラスをつけてプロフィール写真を撮影するのはNGです。
プロフィール写真をesに載せる意味は、採用担当者に自分の顔を知ってもらう事です。マスクやサングラスをしてしまうとその意味が果たせなくなってしまいます。
そのため、顔がしっかり写るように撮影しましょう。

過度の加工はNG

最近の写真はプリクラとまではいきませんが、加工できるモノが増えています。プロフィール写真は自分の印象を決めるため、ある程度加工する事はいいでしょう。
しかし、過度な加工のプロフィール写真は、実物とかなり異なってしまいます。面接で採用担当者と会った時、プロフィール写真と大きく異なると悪い印象を与えてしまいます。
そのため、過度な加工はしないようにしましょう。

個人情報が載っていないか確認する

プロフィール写真に個人情報が載らないようにしましょう。写真を撮影したら、必ず余計なモノが写っていないか確認する事が大事です。

衣服で顔が隠れているものはNG

衣服で顔が隠れないようにする事も大事です。フードを被っていたり帽子を被っていたりしないようにします。
esのプロフィール写真は自分の顔を知ってもらうために載せるため、顔を見せなくするとプロフィール写真の意味がなくなります。
そのため、顔がしっかり写るようにしましょう。

OpenES のプロフィールに載せる写真の注意点

OpenESのプロフィールに載せる写真の撮影方法

OpenESのプロフィールに載せる写真の撮影方法は3つあります。
自分に合った撮影方法で、プロフィール写真を準備しましょう。

証明写真機で撮影する

1つ目は、証明写真機で撮影する事です。スーパーや駅の近くにプリクラ機のような証明写真機があります。証明写真機は全国どこでも撮影する事ができ、料金も安いというメリットもあります。ただ、自分で表情を作ったり顔の向きに気をつけたりしなといけないというデメリットも存在します。

写真館で撮影する

2つ目は、写真館で撮影する事です。大きなメリットは、プロが写真を撮影してくれる事です。プロが写真を撮影するため、出来栄えが良い写真をプロフィール写真として使用できるます。デメリットは、お金が証明写真機で撮影するよりも高くなってしまう事です。

友達に撮ってもらう

3つ目は、スマホを使って友達に写真を撮ってもらう事です。メリットは、手間とお金がかからない事ですが、おすすめはしません。
なぜなら、デメリットが大きいからです。例えば、「背景がなにもないところで撮影するのは難しい」や「採用担当者にいい印象を与えない」などです。
プロフィール写真をスマホで撮影する事は、手抜きだという印象を与えてしまいます。そのため、採用担当者からすると「真剣に応募してきていない」と思うでしょう。
そのため、スマホで撮影するよりも証明写真機、もしくは写真館で撮影してもらった方がいいです。

OpenESのプロフィールに載せる写真の撮影方法

まとめ

・OpenESのプロフィール写真を撮影する時のコツは、以下の通り
 ・必ずスーツで撮影する
 ・前髪は目にかからないようにする
 ・正面を向いている写真にする
 ・適度な明るさの写真にする
・ OpenES のプロフィールに載せる写真の注意点は、以下の通り
 ・マスクやサングラスを外す
 ・過度な加工はしない方がいい
 ・個人情報を載っていないか確認する
 ・衣服で顔が隠れないようにする
・OpenESのプロフィールに載せる写真の撮影方法は以下の3つ
 ・証明写真機で撮影する
 ・写真館で撮影する
 ・友達にスマホで撮影してもらう
ここまで読んで下さり、ありがとうございます。プロフィール写真は、就活に非常に大事なモノです。人の印象を決める際に約55%が視覚情報です。そのため、プロフィール写真は自分の印象を決めるとても重要なモノといえます。
そのため、採用されるためにプロフィール写真にこだわりましょう。この記事で紹介した方法を試して、採用されやすいプロフィール写真にしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ