OpenESの趣味・特技の書き方のコツ

OpenESで趣味や特技の書く時は、これから紹介するコツを意識して書くようにしましょう。
趣味や特技がないと悩む人もいるでしょう。別に趣味や特技は突出したモノでなくてもOKです。自分が好きな事であればなんでもOKです。映画を見るのが好きなら映画鑑賞が趣味でOK、料理は好きなら料理が特技でOKです。
自分の好きな事を趣味や特技として書きましょう。

趣味・特技を通して学んだことを書く

趣味や特技は人それぞれですが、ただ趣味や特技を書くだけではOpenESに書く意味がありません。
OpenESでは、必ず趣味や特技を通して学んだことを書くようにしましょう。採用担当者に、「あなたを採用したい」と思わせないといけません。そのため、趣味や特技で学んだ事を書くようにしましょう。
映画鑑賞が趣味なら、「見た映画で自分の生き方に参考になった」と書くなどです。

趣味・特技を通して今後に活かせることを書く

趣味や特技を通して、今後に活かせることを書きましょう。できるなら仕事に活きる事を書ければベストです。
例えば料理が特技な場合、「準備で料理の出来が決まるという事を学びました。仕事でも準備の出来で結果が決まると思います。御社に入社した暁では、料理で学んだ準備の大事さを活かしていきたいと思います。」など書くといいでしょう。

単語だけでなく一言説明を書く

趣味や特技の中では、マニアックなモノもあるでしょう。その時は、どんなものか説明しましょう。例えば、「私の趣味はキンボールです。キンボールは、大きいボールを4人1チームで3チーム同時対戦で行うバレーみたいなスポーツです。」などです。
マニアックな趣味や特技は、採用担当者が面接の時に質問したくなります。そこで上手く会話できると、採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

OpenESの趣味・特技の書き方のコツ

OpenESの趣味・特技の書き方の注意点

OpenESで趣味や特技を書く時には、これから紹介する3つの事に注意しましょう。これから紹介する3つの事は、採用担当者の評価を下げないためにとても重要な事です。
必ず守るようにしましょう。

「特になし」は避けよう

一番良くないのは、趣味や特技が「特になし」という人です。趣味や特技は、考えれば必ず何かは出てきます。そのような事でも「特になし」と考える事を諦めた回答は、評価を下げます。
趣味や特技がない場合は、自分の好きな事や休みの日に何をしているか書きましょう。趣味や特技は上手い下手関係なしに、自分で決める事ができます。
必ず趣味や特技を見つけて書くようにしましょう。

ギャンブル系の趣味は避けよう

自分の好きな事であっても「ギャンブル系の趣味」を書くのは止めましょう。具体的には、競輪や競馬、パチンコなどです。
「ギャンブルを金銭面がだらしない」という認識を採用担当者に与えてしまいます。そのため、必ずギャンブル系を趣味や目的を書くのは止めましょう。

内容を簡潔に書こう

内容は、ダラダラ長く書くのは止めましょう。ダラダラ長く書いてしまうと、何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。
そのため、「私の趣味は○○です。+説明+学んだ事+活かせる事」の順番で簡潔に書くようにしましょう。

OpenESの趣味・特技の書き方の注意点

OpenESの趣味・特技の書き方の例

実際に自分でOpenESを書けるように、具体的な例を交えて説明していきます。
自分で書く時はどうやって書くか考えながら見ていってください。

サッカーの場合

私の趣味は、サッカーです。サッカーを高校生まで部活動でやっており、現在はチームに入り土日に行っています。サッカーは、個人1人の力で勝つ事はできません。サッカーを通してチームワークがとても重要という事を学びました。仕事も一緒で1人で全て業務が終わる事はありません。チームで業務にあたります。そのため、御社に入社後もチームワークを大事にして働きたいと思っています。

絵を描くことの場合

私の特技は、絵を描くことです。得意なことは、風景を描くことです。絵を描くことで、小さい事の積み重ねが、大きな事を成すことを学びました。絵はいきなり完成する事は、ありません。木や家、空だと部分的に絵を描いていくことで全体の絵が完成します。仕事も一緒で大きい結果を得るためには、小さい事を積み重ねていくことが重要だと思います。御社に入社後は、大きい成果を出すために小さな業務を積み重ねていきたいです。

釣りの場合

私の趣味は、釣りです。釣りは、餌を海に投げてから魚が餌を食べるまで静かに待たないといけません。仕事も一緒で、正しい業務をしていても、結果が出ない時があります。その時に、頑張って継続する事で仕事で成功すると思います。もちろん、間違った方法を行っていても良い結果は生まれません。しかし、どれだけ正しい方法を行っていても継続しないと結果は出ないと思います。御社に入社後は、良い結果を出せるように結果が出ない時も、業務を継続していきます。

旅行の場合

私の趣味は、旅行です。旅行は、様々な考え方を学ぶ事ができます。行った事もない国や町で新しい考え方を私に与えてくれます。御社に入社後は、1つの考え方に縛られずに様々な考え方で効率的に仕事ができるようにします。

音楽鑑賞の場合

私の趣味は、音楽鑑賞です。音楽を聞く事でストレスを解消できます。社会人として働くと、環境が変わりストレスを感じる時もあると思います。私は、音楽を聞くとストレスを解消させられるため、毎日気持ちをリフレッシュした状態で働けます。

OpenESの趣味・特技の書き方の例

まとめ

・ OpenESの趣味・特技の書き方のコツは以下の通り
 ・趣味・特技を通して学んだことを書こう
 ・趣味・特技を通して今後に活かせることを書こう
 ・単語だけでなく一言説明を書こう
・ OpenESの趣味・特技の書き方の注意点は以下の通り
 ・「特になし」は必ず止めよう
 ・ギャンブル系の趣味は書かないようしよう
 ・内容を簡潔に書こう
ここまで読んで下さり、有難うございます。趣味や特技は、自分の好きな事でOKです。趣味や特技をOpenESで書く場合はどんな事を学んだがしっかり書きましょう。そして、その学んだ事が入社後にどういう時に役立つか書くといいです。
OpenESは、何十枚を書く必要もないため1枚に集中して書くようにしましょう。そして、質の高いOpenESで内定を勝ち取りましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ