エントリーシートを入れる大学指定封筒の存在

エントリーシートは、さまざまな情報を知ってもらうために作られ、応募書類のひとつとして使われます。
届ける方法はいくつかありますが、一般的には郵送しますが、そのために封筒が使われます。
この封筒にも種類があり、大学指定封筒も使われてきたのです。

大学指定封筒以外ではだめなのか

大学に在学中、就職活動をする場合、大学指定封筒が使われるケースが出てきます。
大学の名前が入っているのが大きな特徴です。

利用するのは、他の封筒でいけないわけではありません。
しかし、大学の名前が入っているところに大きなメリットがあり、そこに差別化ができるカギがあるのです。
これを生かせるかどうかが、大学指定封筒を使うポイントになります。

大学指定封筒で受ける印象

受け取り側としてみた場合、大学指定封筒で送られてくれば、その大学に在学している可能性を考えます。
少なくても、これは信用につながるでしょう。

デザインの体裁が整っているのも大学指定封筒の特徴です。
自分で住所や宛名を書けば、うまくまとまらないケースも出てきます。
これがデザインとして作られた大学指定封筒なら崩れません。
つまり、しっかりと整った印象を与えやすくなるのです。

企業側が指定しているケース

企業側がエントリーシートの提出を求めます。
その際に提出方法も指定できます。
つまり、正確な形があるのではなく、企業側との取り決めで決まるのです。
大学指定封筒を使う指定を書けるのも企業側の意向となるでしょう。

これも本当に当該大学の学生なのか、判断する材料のひとつです。
そして、指定されたことが守れるか、みられています。

エントリーシートを入れる大学指定封筒の存在

エントリーシートは大学指定封筒で差をつける

大学指定封筒を使う意味はいろいろありますが、なにより大きなことは差別化です。
一般に市販されている封筒とは違い、大学が発行しているところに意味があります。
この差別化をどのように使うかが大きなカギを握るのです。

大学名の記入漏れがなくなる

大学指定封筒は、さまざまな情報が印刷されています。
どの大学指定封筒でも変わらないのが、大学名が明記されている点でしょう。
一般の封筒には、自分で記載するしかありません。
大学指定封筒の場合には、誰が見てもはっきりとするのです。
扱いを間違われることもありませんし、記入漏れも起こりません。
万全の態勢で望める封筒と考えることもできるのです。

大学の指定だからこそ見やすい

大学指定封筒は、デザインもしっかりと作られています。
他の封筒だけではなく、大学同士でも差別化を進めたいからです。
独自のデザインを用いていきますが、だからと言って見にくいものを作るわけではありません。
必要な情報をすぐ理解できるよう、独自のデザインを作り上げるのです。
これも一般の封筒との大きな違いで、人事担当者であれば、見た瞬間にどこの大学のものかわかるほどのデザインを持ちます。

封筒を買いに行くより確実

エントリーシートを送ろうと思えば、封筒を購入してこなければいけません。
ところが、普段購入したことがなければ、どのような封筒が適切なのかわかるでしょうか。
実際にこれは難しい問題となるはずです。
サイズもありますし、色の選択も出てきます。
二重封筒かどうかでも違いが出てくるからです。
紙の材質まで考えれば、そうそう判別できるものではありません。

大学指定封筒ならば、この心配がなくなります。
サイズも決められていますし、エントリーシートなどを入れることも想定して作られるため、安心して使えるのです。

エントリーシートは大学指定封筒で差をつける

エントリーシートの大学指定封筒の使い方

エントリーシートを大学指定封筒で送る場合、表面や裏面などの書き方が重要になります。
いくら体裁が整えられているとはいえ、書く内容を間違えてしまえば意味がありません。

表面の書き方

表面には相手の住所や宛名を書きます。
この時重要なのは、絶対に省略しないことです。
住所を省略すると、最悪届かない可能性が出てきます。
省略したことで勘違いされるような部分があるかもしれません。

宛名を省略してしまうと、受け取った側は気分が良くないでしょう。
正式名称が書かれて当然だからです。

注意しておきたいポイントとして、団体に送る時は御中、担当者など個人に対して送る場合には様と書かなければいけません。
社会人でもまあ違うポイントとなるため注意が必要です。

裏面の書き方

裏面には、基本として自分の住所、名前を入れます。
大学指定封筒の場合には、大学名まで書かなくても問題ありません。
一般の封筒であれば真ん中に書くか左寄せにするかで迷うところですが、指定封筒の場合にはこれも心配する必要はないのです。
表面に自分の住所や名前を書き入れる欄がある場合には、裏面に記入する必要もありません。
あくまでも指定されたスペースに記入するようにしましょう。

応募書類在中は必ず赤文字で

表面には必ず応募書類在中と書入れておきます。
受け取った側がすぐに分かるよう配慮する方法です。
この文字は必ず赤にすることがマナーとなっています。
大学指定封筒の場合には応募書類在中と書き入れられている場合もありますが、この時には自分で書く必要はありません。
必ず四角く囲まなければいけないと思われがちですが、手書きで書く場合には、必須ではないのに注意しましょう。
もしも四角く囲むのであれば、定規を使い正確に書く必要があります。

エントリーシートの大学指定封筒の使い方

エントリーシートの大学指定封筒には送り状をセットで

エントリーシートを大学指定封筒で送る場合、送り状をセットにするのは基本です。
送り状をセットにするか迷う人も出てきますが、誰もが大学指定の封筒で送れば差別化が難しくなります。
セットするのが当たり前ではありますが、もう一歩進めて考えてみなければいけません。

エントリーシートには送り状が大切なわけ

エントリーシートを送る場合、封筒の中にどのような書類が収められていたか案内するのが送り状です。
もしも必要な書類が収められていなかった場合、送り状がセットになっていれば、入っていなかった事実が判明します。
逆に送り状がなければ、どのような書類が収められていたか、収めた本人しか分からないのです。
情報の齟齬を作らない点でも、大事な書類になるでしょう。

送り状は過剰な演出は要らない

送り状は、個性を出せるポイントとも呼ばれます。
しかし、元々の理由を考えてみなければいけません。
収められた書類は何か、挨拶とともに書き入れていくのが送り状です。
そこに過剰な演出をすれば、不必要な思いを抱かせます。
アピールするとしても簡潔にまとめることが大切です。

クリアファイルは絶対必須

送り状を含め書類を納める場合はクリアファイルに入れます。
クリアファイルごと大学指定封筒に出ますが、これは書類が折れたりしないよう守るためです。
クリアファイルに入れて送付することが当たり前となった昨今では、使っていないことがマイナスポイントに繋がります。

エントリーシートの大学指定封筒には送り状をセットで

まとめ

大学指定封筒は、エントリーシートを送るときに非常に有効な手段です。
封筒に書き入れなければいけない情報を間違う可能性を下げられ、相手に対してもアピールしやすい特徴を持っています。
だからこそ他のポイントも押さえ確実に伝えられるよう、ミスがないようにしていきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ