/category/column/post-47910/

特集記事

  • お気に入り
  • 152SCORE

就活は気持ちに余裕を持って!

就活は気持ちに余裕を持って!

就活は楽しいことばかりではありません。就活が終わり、働き始めると嫌なこと面倒なことも増えてくるかと思います。
そこで疲れたなどと言っている暇はありません。常に就活に対して、前向きに取り組んでいくしかないのです。

今の就活の試練を乗り越えられれば、その先の仕事に就いた後の未来はきっと明るいはずです。気持ちの持ちようで、人間はどこまでも頑張れます。まず就活で味わう、絶望感や疲れた心をを取り除くために笑顔を忘れずに試練を乗り越えてください。

就活に絶望しなくていい!

就活をしていると、何度も「お祈りメール」という名の挫折を味わって、もうどうしようもない状態に陥ってしまう人もいると思います。

いくら頑張っても内定がもらえない。正社員になれなかったら人生終わり。純粋に働きたいだけなのに誰も認めてくれない。もう自分は必要ない存在なのか。自分1人では生きていけないのだろうか。自分の能力の無さに絶望。
しかし、こうした就活生の多くは勘違いをしています。

町で商店を経営している方も、大手に内定をもらったわけではない。でも、楽しそうに生きています。就職活動は大事ですが、失敗したといって人生の全てが終わるわけではありません。

大卒程度の学力があるならば、どうにかして月10万〜20万程度はお金を稼げるようになるでしょう。これだけのお金があれば、たとえば、東南アジアに移住すれば、かなり裕福な生活ができます。

会社への就職が全てではない、失敗してもなんとかなる、と考えてあまり気負わずに就活をしましょう。

就活中のリフレッシュ方法

散歩に出る!
人間は休まずに20~30分間ウォーキングを繰り返していると、βエンドルフィン(ベータエンドルフィン)という快楽ホルモンが分泌され始めるそうです。

好きな音楽を聞く!
音楽が免疫力に及ぼす影響について最近発表をしたDr.Ronny Enk氏は、「音楽を聴いて気分が良くなると、生理学的な変化が起こり、ストレスの軽減や免疫力アップにつながる」と説明しています。

お酒を飲む!
アルコールを飲んで楽しい気分になる理由、それは脳内で楽しさや心地よさといった感情を生み出す「ドーパミン」という神経伝達物質の分泌が促されるため。

「どうにかなるさ!」と声に出す!
マイナスの部分を見つけて落ち込んでしまった場合、「どうにかなるさ!」と言ってみましょう。
とりあえず、内心は全然それではよくないと思っていても、「どうにかなる」と、認めてみましょう。
繰り返し「どうにかなる」と言っているうちに、本当に認められるようになってきて、最後には「まぁ、どうにかなるさ。」と少し笑えるようにもなります。

自分がどれだけ幸せなのかを振り返る!
不幸の時間を数えることより、自分がいかに幸福だったかを振り返ることが人生の幸福感を増すための方法だとされています。その日1日のほんの小さな出来事でも良いので、自分が幸せだった瞬間や、楽しかったことを振り返る時間を作ると良いでしょう。

いかがでしょうか上記以外にもたくさんのストレスを解消する方法があります。就活に怯えすぎず気持ちに余裕を持って面接に臨んで下さい!!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ