就活生は留意すべき

当然ですが、コロナは就活に大きな影響を及ぼします。景気が落ち込み、企業の売り上げが下がってしまうと企業としても採用コストを最小限に抑えたくなるものです。 コロナの拡大は経済状況の悪化につながることから国が自粛を呼び掛けるなど、経済への悪影響を懸念しています。 その影響もあって、あれほど週末に若者でごった返す渋谷でさえ人影が少なくなるほどです。 しかしながら、若い世代は無自覚な人が多く、メディアでもその様子が取り上げられています。⇩
若者、東京で買い物やカラオケ 外出自粛「気にしない」「遅い」
就活生の皆様は自分で自分の首を絞めてしまわないように、外出は極力控え、外出する際は細心の注意を払いましょう。

2021年卒の就活スケジュールはどうなる?

今年度は政府の主導により、これまで通りのスケジュールが維持されるようです。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37073090Z21C18A0MM8000/

日経新聞によると昨年度と比べて大幅な変更はないようです。

・昨年(2020年卒)の就活はどうだったか・・・
昨年度は多くの企業が3月に説明会を実施していました。
3月中旬~5月下旬にかけて面接に向けたエントリーシートの作成及び提出、OB・OG訪問。多くの就活生はこの時期にリクナビやマイナビのエントリーを開始していました。4月当たりからは筆記試験などが始まっていました。



今年も6月から面接が始まり、以降の流れは変わらないようです。

就活の進め方のポイントとは?

・入社したい会社の動向は最低でも2か月前からチェックしましょう!
就活を進めるにあたって自己分析・企業分析は非常に重要です。3月から動き始めていたのでは遅いです。そうならないためにも志望度の高い企業の動向くらいは2か月前からチェックしておきましょう。

・幅広い企業にエントリーしましょう!
就活生が見落としてしまいがちなのが”優良な中小・ベンチャー企業”です。

多くの学生が序盤に大手・有名企業ばかりに目が行ってしまい中々内定が出ず、気付いたら就活終盤になっていた・・・ということも珍しくありません。

就活生にとって最も怖い”無い内定”とならないよう早めに中小・ベンチャー企業も見ておきましょう。リスクヘッジをしておくと後々精神的に楽です。

就活の進め方について

①インターンに参加

インターンに参加する学生は年々増加傾向にあります。
2019年のマイナビが行った調査によると、インターンに参加する学生は2014年~2019年で32.1%から78.7%と大幅に増えていると結果が出ています。


https://www.mynavi.jp/news/2018/03/post_16678.html

もはやインターンに参加するのは当たり前になってきているのかもしれません。

インターンに参加することで、仕事への理解や自分への理解、仕事に必要なスキルは何なのかといったことに加え、社内の人とのコネができるので参加するに越したことはありません!

②自己分析と企業研究

<自己分析について>


自己分析は自分を理解することでもあります。これまでの人生から自分の興味関心や能力、価値観などを深堀していきましょう。

例)"自分はこれまで何をしてきたのか"“なぜそれを選択したのか"“どう行動したのか"“経験から学べたことは何か、また社会でどのように生かすか"など
参考記事はこちら↓
自己分析の記事1 自己分析の記事2 自己分析の記事3

<仕事研究の進め方について>


1.業界研究
しっかりと自己分析をしたうえで自分が活躍できる領域は何なのか、幅広い視点で見ていきましょう。
就活生が知らないだけで世の中には多くの業界・業種があります。知らずして就活を終えてしまってはもったいないですし後々後悔してしまいかねません。

参考記事はこちら↓
業界研究の記事1 業界研究の記事2 業界研究の記事3

2.企業研究
業界は同じであっても企業ごとにその会社の社風や強み、軸となる技術や人脈など、その特徴は様々です。いざ面接会場に行って"なぜ弊社を志望したのですか"といった質問に対してスムーズに説得力のある回答ができるようにしっかり準備しておきましょう。

参考記事はこちら↓
企業研究の記事1 企業研究の記事2 企業研究の記事3

3.職種研究
企業ごとに様々な職種がありますので、どのような仕事を選択し自分のキャリアとしていくのかしっかり考えておきましょう。

参考記事はこちら↓
職種研究の記事

③自己PR、志望動機の作成

自己PRでは自分の長所をいかに魅力的に見せるかがカギとなります。これまでの経験から自分の強みとしてアピールして面接官に刺さるエピソードをピックアップしておきましょう。何事も下準備が大切です。

参考記事はこちら↓
自己PRの記事1 自己PRの記事2 自己PRの記事3

④エントリー

先程も申し上げましたように、就活生にとっと最も怖い"無い内定"にならないように幅広い企業にエントリーしておきましょう。
マイナビが2019年に行った調査によると2019年の平均エントリー社数は29.3社だそうです。

https://www.mynavi.jp/news/2018/04/post_16890.html

⑤面接

面接は大きく分けて個人面接、集団面接、グループディスカッション、プレゼンがあります。
面接のコツに関してはこちらで紹介しています!

・個人面接


参考記事はこちら↓
個人面接の記事

・集団面接


参考記事はこちら↓
集団面接の記事1 集団面接の記事2 集団面接の記事3 集団面接の記事4

・グループディスカッション


参考記事はこちら↓
グループディスカッションの記事1 グループディスカッションの記事2 グループディスカッションの記事3 グループディスカッションの記事4 グループディスカッションの記事5 グループディスカッションの記事6 グループディスカッションの記事7

・プレゼン


参考記事はこちら↓
プレゼンの記事1 プレゼンの記事2 プレゼンの記事3

就活の流れを掴んで早めに準備しておきましょう。
就活ノートでは就職活動に関する事例を多数紹介しています。
新規会員登録はこちら
ページトップ