就活編面接対策

【グループ面接通過率100%!?】落ちない就活生がやってる3つの秘訣!!

【グループ面接通過率100%!?】落ちない就活生がやってる3つの秘訣!!

こんにちは。
関西ライターのあざらしさんです。

18卒のみなさんも就活が少しずつ始まってくる頃かと思います。
今日は本選考の1次で必ずといっていいほど行われる”グループ面接(集団面接)”の詳細と意図。そしてこれを気をつけていれば、落ちることはほとんどないであろう秘訣をご紹介したいと思います。

そもそもグループ面接って?

そもそもグループ面接とはなんなのでしょうか?
この記事を読まれている方で知らないという人はいないと思いますが、集団面接とも呼ばれており1〜2名の面接官に対して学生2〜5名で行う面接のことを言います。

大手企業になればなるほど集団面接を実施している傾向にあります。
それもそのはず志願者数が多すぎるので一人一人と面接をしている時間がないのです。

1時間の面接であっても3名の学生がいるのならば一人の持ち時間は20分。
普通の面接とは違い、限られた時間の中でいかに自分をアピールするのかが重要になっていきます。ですが、個人面接などと違い選考の早い段階で行われますので通過率は高いと思います。

ちなみに筆者は去年の春から数々のグループ面接を経験してきましたが、落ちたことは一度もありません。これは筆者が優秀だったからではなく、たった3つのことを意識していたからです。

①質問に対して一番に手を上げて答える。

①質問に対して一番に手を上げて答える。

グループ面接の流れとしては、面接官が自分の簡単な自己紹介をした後にあらかじめ決めていた質問をいくつか学生にぶつけます。そしてその質問を学生が順番に答えていき、最後に面接官への質疑応答をして終わりという流れです。

この流れのなかで重要になってくるのが、面接官の最初の質問に対して一番に手を上げてこたえることです。人数が多いグループ面接では右から左から順番にこたえていってくださいと言われるものもあるようですが、3〜4人のグループ面接になると質問の後に面接官が「だれからでもいいですよ!」と一言いってきたりします。筆者の経験上ですが、だいたいみんな様子見で手をあげません。なので、質問内容の答えを考えていなくても一番に手をあげることをオススメします。

これのメリットは以下の5つ
①積極性を評価される(当たり障りのない答えであっても)

②2番目以降の学生のハードルが上がる。(質問のこたえが絶対に被らない)

③次以降の質問でも一番にこたえる流れができる。

④面接官と

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ