/category/interviewing/post-48907/

面接対策

  • お気に入り
  • 1113SCORE

どんな面接をすれば採用されるのか?

どんな面接をすれば採用されるのか?

面接で自分を出し切れなかった。あるいは自分を出し切ったが、落ちてしまった。就活生ならば一度はする経験だと思います。ではどのような面接をすれば、採用されるようになるのでしょうか?

面接においてもっとも大事なのは「共感」

面接において、就活生は一生懸命自分を採用すべき理由を面接官に伝えることになります。
そしてその理由に面接官が「共感」できるかどうか。これが採用不採用に大きくかかわることになります。

あなたが自分をいくらアピールしたところで、面接官があなたのアピールしたことを求めていなければ、不採用となります。
面接官に、「確かにこの学生の長所はすばらしい」と思わせることが必要なのです。

そのためにはどうすればいいのか?

大切なのは、相手が求めている人物像にたいしてしっかり理解を深めておくことです。独りよがりのアピールをしては絶対いけません。そのためにも、企業研究をしっかりするべきなのです。

また、共感を引き出すのは何も話の内容だけではありません。話し方、声のトーン、表情なども非常に重要な役割を持っています。何かを読んでいるかのように機械的な話し方ではなく、面接官に語りかけるような話し方をしましょう。
もちろん、聞かれる質問に対する答えを用意し、暗記することは大切ですが暗記してるのがばれないような、話し方を心がけるようにしてください。

圧迫面接されたら?

多くの学生が圧迫面接に弱いです。

しかし、覚えておいてください。圧迫面接は「チャンス」です。そもそも採用したくない学生に圧迫面接しても企業に得などありません。圧迫面接されたら、それは面接官があなたの話を一通り理解したうえで、あなたが失礼な対応をされてもうまく対処できるか、試そうとしているのです。だから、圧迫面接されても、萎縮することはありません。スムーズに対応して、逆にアピールしましょう。

ただし、圧迫面接が就活生の被害妄想であるケースも多いです。面接官は学生の言うことが理解できない場合、「なぜ」を突きつけてきます。なんどもなんども「なぜ」を突きつけられたからと言って学生側はそれが圧迫面接であると勝手に勘違いしてしまうケースです。こういった場合は突きつけられた「なぜ」をあなたが正しく解決できていないだけです。
相手が納得できないことを言うのは、面接準備の段階でできるだけ内容にしましょう。そして万が一「なぜ」を突きつけられても、冷静に対応しましょう。

面接時間は短い

面接の時間は短いです。そして、相手があなたの話に興味を持つ時間はもっと少ないです。あなたの話にアクセントがなく、退屈なものだったら面接官も興味を失ってしまいます。

面接で話す前に必ずすべきことはあなたのノートに話すことを図や表でまとめておくことです。

「あなたを採用すべき理由」を短い時間で全て伝えるためには言葉を選ぶ必要があります。普段の会話ならば、自由に話せますが、時間が短い面接においてそれはできません。

必ず万全の準備をして面接にいくようにしましょう。

まとめ~運は努力したものだけについてくる~

よく「就職活動は縁と運」だと耳にします。

しかし、それはベストを尽くした後のことです。運をつかめるのは努力した人だけです。

長い人生の中では短い就職活動です。しかしこの短い就職活動が長い人生を大きく左右します。

後悔のないよう、ベストを尽くしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ