通過ES実例

ES【16卒】NTTドコモ

「ドコモはまだまだつまらない」――あなたならどうオモシロくしますか。またあなたはどう貢献しますか。(300文字以内)

世界中にいる「障害者」の生活における障害を取り除きたいです。貴社は通信業界の中で最も研究開発に力を入れているにも関わらず、まだまだ障害者に対して恩恵をもたらしているとは言い難いと思います。私は貴社の持つ技術力を生かせば、例えば耳が不自由な人々の「耳」に、目が不自由な人々の「目」の障害を減らすことができると考えています。具体的には、御社が開発しているウェアラブル端末を用いて、日常生活で飛び交っている音声を全て認識し、テキストとしてリアルタイムに表示します。また、カメラセンサーを用いて道案内や危険予知、警告を行うデバイスを設計します。私は障害者に特化したサービスを開発することで御社に貢献します。

新しい○○の使い方

私は大学時代「飛び級をして留学に行く」という目標を立てました。
飛び級は3年終了時に大学院に進学できる制度ですが、中退扱いになるのでリスクを伴います。このリスクよりも3年間で大学を修了し、1年間を留学に費やす方がより有意義な時間を過ごせると考え、この目標を設定しました。しかし、飛び級には短期間で優秀な研究成果を出すという厳しい条件がありました。さらに、親からの援助が得られず、留学費用を自分で捻出しなければならない状況でした。まず研究については先輩とは異なり、教授に自ら手を挙げて研究発表会に何度も赴き、学生や企業の方と議論することで研究を進めました。留学費用については飛び級をする2年半前からアルバイトを始めて、計画的に捻出しました。学業、アルバイト、研究と非常に大変でしたが、私は掲げた目標は必ず実行するという強い意志を持っているため、大学創立以来初めてとなる飛び級と留学の両方を実現しました。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ