/category/web-test/post-2734/

Webテスト対策

  • お気に入り
  • 574SCORE

【18卒必見!】SPIを通過するためのシンプルなコツ

【18卒必見!】SPIを通過するためのシンプルなコツ

就職活動は説明会への参加、エントリーシート、SPI、一次面接、二次面接と通常続いていきます。
中でも、エントリーシートとSPIに関しては、大手企業は足きりの手段として使ってくることが多くなっています。
 
足きりで次のステップに進めないなんて、納得できないですよね?
そこで、まずはSPI通過のテクニックを御伝えしたいと思います。

そもそもSPIって何?

就活の適性検査の一つです。
CAB、GAB、玉手箱など適性検査自体は多くありますが、
リクルート社が提供している適性検査をSPIと呼びます。
適性検査の中で40%程度がSPIを使っているとも言われており、
まずはSPIの勉強をすることが適性検査通過にとって一番効果的です。
 
SPI3-U、SPI3-UE、SPI3-A、SPI3-B、SPI3-G、SPI3-GE、SPI3-H、SPI3-R、SPI3-N
SPI3-Pなど種類が多くありますが、総合職・一般職の新卒採用の方には、最も採用されているSPI3-Uを勉強しておけば安心です。
実施形態としてテストセンター、企業内PC受験、WEB実施、紙実施の形態がありますが、

最も対策優先度が高いのはテストセンターです。
テストセンター→ペーパーテストの順で勉強するのが効率的です。
なんといっても、テストセンターの受験結果は

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ