総合職?一般職?

 
総合職とは、男性と同じ条件・待遇で勤務するということです。
転勤や昇進・昇給も男性と同様にあります。
 
一方一般職は、正社員ではありますが待遇面では総合職に劣ります。
補助的な業務を担当する職種で、昇進は限られていますが遠方への転勤はありません。
総合職の同期や後輩が上司になる可能性もあります。
 
 
そのことから一般職の方が簡単に入社できる、思ってしまいがちです。
しかし短大生や中堅大学生だけでなく、上位大学の女子の間でも一般職の人気が高まっていて、倍率は低くありません。
 
中堅企業の総合職より大企業の一般職の方が、福利厚生が充実しています。
また、勤務先を言ったときにかっこいい、というのも理由の1つのようです。
 
 
一般職だからといって簡単だと思い油断しないようにしましょう。

「就活四季報女子版」を見ろ!

 
一般職や総合職でどんな大学からどれくらいの人数を採用して

新規会員登録はこちら
ページトップ