① 【今までの面接よりもアツイ自分で!】

最終面接で最も大切なのは、よい印象を残せるかどうかです。
あなたの熱意を面接官に伝えましょう。

大抵の場合最終面接は、会社の役員の方々など、お偉い方に囲まれて受けることになります。このような上の役職の方々は、決まった選考基準を持って判断しているというよりも、「直感的」に適した学生を選ぶケースが多いと聞きます。

というのも、選考を通過してきた就活生は全員優秀で、それまで面接をしてきた社員の方々が「この人ならうちの会社で活躍できる」と判断した人です。

それでも更に絞らなければいけないとなると、それまでの評価が正しいかどうかの確認や直感でこの人と働きたいと思わせる何か、という部分で判断されることになるのです。
 
以上のことを踏まえて、まず当日までにできることといえば、そう!

「志望企業で働きたい情熱をふつふつと高めていくこと!」

最後は熱意でなんとかなります

新規会員登録はこちら
ページトップ