企業選びは先入観をなくしてフラットに考えよう

就職活動を始めるにあたって多くの学生がまず最初に行うのが、どの会社に入りたいかを絞り込むということだと思います。
自分の好きなことを一生の仕事にしたい、大学で勉強したことを活かせるような仕事に就きたい、社会の役に立つような仕事をしたい、などなど会社選びの基準は人それぞれですが、中には企業選びにフィルターを掛けすぎてしまっている人も見られます。
たとえば多く見られるのが、希望の業界でも大手の企業だけしかエントリーせず、中小企業には見向きもしないという方達です。
確かに大手の企業に就職できれば家族や親戚、友人などに自慢できますし、安定しているので将来的な不安が少ないとイメージがあります。
一方で中小企業は労働条件が厳しかったり、経営が不安定であるというイメージが付きまといがちです。
しかし、これは本当に正しいイメージなのでしょうか。
まだ起ち上げたばかりのベンチャー企業の中にも将来

新規会員登録はこちら
ページトップ