選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES選考情報【伊藤忠丸紅鉄鋼】16卒

ES情報

1. 学業以外の活動 (150文字以内)
2. これまでの人生における挑戦を三つ教えてください (35文字以内)
3.上記の3つのうちから具体的に説明し学んだこと (300文字以内)
4.今までの経験の中で発揮された、もしくは培われたあなたの「○○力」を教えてください。(全角300文字以内)
*「○○力」とは、あなたの強み・個性・特長・魅力を意味します。

選考情報

【1次面接】
■人数 社員(人事1人+中堅社員1人):学生=2:4 
■時間 40分
■形式 グループ面接 
■内容
始めに、去年の夏休みの思い出を交えて自己紹介、学生時代力を入れたこと、周囲から言われる正確、事前に提出したESに記載されている内容に沿って質問される。その後は頑張ったことの深堀や、長所短所など人によって質問内容は異なる。最後に逆質問。やりたい事業を言ったらそれについて深堀された。
■備考
結果連絡 2日後(電話)

【2次面接】
■人数 社員:学生=2:1 
■時間 30分
■形式 個人面接 
■内容
簡単に自己紹介。なぜ商社か、なぜ鉄鋼か、なぜウチか。留学について(なぜ、何をやったか、苦労したことは、どう解決したか、どう仕事に活かせるか)。周囲からの評価。キャリアパスのイメージ。逆質問。1次より少し硬い雰囲気の中での面接だったが質問は想定できるものばかりで問題なかった。
また2次面接の直後に社員との面談があり、ここでは選考に関係ないと言いながらも他社の選考状況や優先順位、また志望動機をやや高圧的に質問された。この時の社員の態度がとても気になり、通過した場合選考を辞退することを決心した。
■備考
結果連絡 2日後(電話)→選考辞退

備考

MISIは総合商社の一部門ということもありかなり倍率が高いと思う。そのため2次面接を通過した経験から以下のことが重要だと思った。

1. OB訪問の徹底
MISIはOB訪問時に訪問シートを記入させられるため、間違えなくチェックされている。またこの際に志望動機や志望業界について聞かれたため対策は必須である。訪問した社員の方はとてもすばらしい人が多かったため印象は良かった。

2. 筆記試験+ES準備
ここは相当数がES提出を行うため、筆記試験がキーとなる。試験は会場受験形式のSPI系オリジナル問題。そんなに難しくはないが英語は差がつくと思う。しかし、同時にESも結構細かく見られている。現にあまり試験ができなかった私も通過したため、この2つをバランスよく仕上げておくべきである。

3. 面接
1次面接でかなり人数を絞っている印象なので最初であまりしくじらないように注意。鉄系商社を希望する理由付けは難しいと思うが、鉄は産業の米であったり、トレーディングメインの仕事であることを説明すれば大丈夫だと思う。あとはなぜMISIかも重要であるが、これはエネルギーに強いことやOB訪問での印象を話したら問題なく通過できた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ