OpenESで外せない自己PRの書き方

リクナビによって開発されたOpenESにおいても、エントリーシートと同様に自己PRは外せない重要な項目です。そのため、書き方にもこだわる必要があります。

自己PRは企業が良く見るポイント

自己PRの項目は、企業側においても良く確認する項目になります。企業も求人を行う以上、会社にとって有益な人材を探していることになります。この有益な人材とは、「会社に利益を生み出してくれる人材」につきます。そのためには全ての応募者をじっくり吟味したいところですが、何百人も応募があるような企業においては現実的にそのような選考は難しくなります。そのため、書類選考において自社にとって有益な人材かどうかを確認しています。その中で、自己PRの項目は応募者の思いを確認できるため重要なチェック項目になります。

企業が自己PRを気にする理由

このように企業側も応募者の自己PRの項目を採用の判断材料にしていますが、具体的にはどういった点でチェックしているのでしょうか?これには大きくは2つの目線があります。自身の自己PRの書き方においても参考にしてみてください。
まず1つ目は、自社の求める職種に対してどれくらいマッチしていそうかという点です。募集職種が営業なのに、経理希望の方が応募しても採用される可能性は低いでしょう。募集職種とは、企業が求めている人材を把握する上で1つの目安となります。採用担当者はここをふまえて職種に応じた人選を行っています。自己PRに関しても、職種を意識した書き方をすると効果的です。
もう1つは、自社の社風にマッチしたキャラクターであるかどうかという点です。企業のHPには、社風や社内の状況を紹介した内容が掲載されていることが多くあります。また、会社説明会などで実際に社員の雰囲気も伺えるかと思います。企業側も、採用後に自社に馴染むことなく辞められるのは避けたいため、なるべく会社の風土に合った人物を探しています。その点が上手くマッチするような自己PRを心掛けるといいでしょう。

OpenESで外せない自己PRの書き方

OpenESで評価される自己PRの書き方・ポイント

では、具体的にOpenESで評価される自己PRの書き方・ポイントはどこにあるのでしょうか。いくつか書き方のポイントについて紹介します。

自身の強みをしっかりと把握しておく

まず自己PRを書き進める前に、自身の強みをしっかりと把握しておくことが重要です。何も考えずにいきなり書き進めても、本来の強みを反映できずに終始してしまいます。自身のPRポイントはどこにあるのか、じっくりと考えまとめておくと効果的です。自己分析や適性検査、自身の人生設計をチャート化したりすることもオススメです。昨今ではインターネット上で上記のような自己分析も簡単に出来るようになっています。自身の分析は、自己PRを書く上でも非常に参考となりますので、事前に実施すると効果的です。

その強みを端的に、明確に記載する

事前にしっかりと自己分析ができたのであれば、そこでの内容をもとに自己PRに記入していきます。ただ、これも単に記入すればいいのではなく、書き方には注意する必要があります。ポイントは、自身の強みを端的に、且つ明確に記載することが重要です。企業側は、一度に多くの応募者からの自己PRを確認しています。その中で、淡々と書き連ねた内容では、読まれる前に落とされてしまう可能性が高くなります。採用担当者がパッと見た時に、手を止めて読み進めてもらえるような書き方が大事になります。

その強みを企業でどう活かすことができるのか記載する

また、自己PRにおいては、自分のことばかりを書き連ねればいいという訳ではありません。その強みを対象の企業に就職した際にどう活かすことができるのかを記載する必要があります。先ほどふれたように、企業の採用担当者は、どのような職種であれ自社に利益を生み出すことができる人材を求めています。自身の強みをいくら訴求したとしても、希望する企業に関係しない内容であれば、採用担当者には響かないでしょう。企業の内容も踏まえ、そこで活かせる強みを端的にPRすることが重要です。

具体例とともに企業がイメージしやすく記載する

さらに、自己PRにおいても漠然とした内容ではなく、具体例をいくつか挙げながら記載する方が効果的です。いくら強みを訴求したところで、漠然とした内容だけでは他の応募者との違いが採用担当者に伝わらず、マイナス影響につながる可能性が高いでしょう。採用担当者がイメージしやすい具体例とともに、端的にPRすることが重要です。

OpenESで評価される自己PRの書き方・ポイント

OpenESで評価される自己PRの書き方のコツ

OpenESで評価される自己PRの書き方には、先ほどふれたようなポイントや注意点を押さえておくことが欠かせませんが、その上で、書き方にはいくつかコツがあります。この書き方のコツを押さえて、評価される自己PRを記載していきましょう。

企業の面接官が興味を惹く自己PRの例

OpenESで評価される自己PRの書き方について、手っ取り早くコツを知るためには、他者の書き方を参考にすることが重要です。他者の書き方を真似するのではなく、他者の書き方からヒントを得て、自身の自己PRに反映させていくことです。
この自己PRですが、他者の例を見ますと、大きくは4つの手法に分類できます。
①自分一人で何かを達成し、成果を上げた実績がある。
②立場や価値観の違う人とも協力し合い、その中で成果を上げた実績がある。
③複数人の中でリーダーとなり、周りをまとめながら成果を上げた実績がある。
④新規の企画案を提案し、周りの協力のもとその企画案を実行して成果を上げた実績がある。
このような実績は、具体例とともに端的に分かりやすく自己PRに記載すると効果的です。採用担当者が求める自社に利益を生み出してくれる人材に、上記のような実績があるとよりマッチしやすくなります。

他者の書き方を参考にする

上記のような実績を伴った自己PRの書き方の例は、現在インターネット上に多く紹介されています。これらを参考にすることで、自身の自己PRを書き進めていく上でのヒントになるでしょう。ただ、他者の書き方はあくまで他者専用であり、最終的には希望する企業に向けて自身の言葉で自己PRをまとめる必要があります。

OpenESで評価される自己PRの書き方のコツ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、企業の採用担当者も注目する、OpenESで評価される自己PRの書き方について紹介しました。今回紹介したポイントやコツを参考に自身の言葉で自己PRをまとめることで、企業の採用担当者に刺さる内容に近づけることができるでしょう。ぜひ今回紹介した内容を参考に、自身の強みと他者との違いを押し出し、企業において採用につながる自己PRを目指していきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ