キャリア

【就活生必見】Fランだから就活は難しい?そんなわけあるかい!

【就活生必見】Fランだから就活は難しい?そんなわけあるかい!

Fランだからって悲観しないで

一流大学よりランクが下のFラン大学生が就活を行う際に、一番初めにぶつかる壁は、言うまでもなく一流大学との間に大きく開いている学歴の差です。

この差だけは、現時点で頑張っても縮めることができないですし、それに自身が落ちこぼれであることを悲観するのはまだ早いです。

世間には貴方たちの存在価値を認めてくれる企業はたくさんあります。

その企業と縁を手繰り寄せることで、無事に内定を頂くことができます。

選ぶべき企業

就活を始める際、どの学生さんにも言えることですが、まず一流企業ばかりにエントリーをします。

Fラン大学生もわずかな期待を持ってエントリーしますが、残念ながら学歴フィルターがないと言われている時代でも、自動的にはじかれることもあります。

いわゆるCMでよく目にする大企業は、日本全体の企業の数からすると、ごく一部です。

日本の企業の90%以上は中小企業やベンチャー企業ですので、そのあたりを絞ってアプローチしていくと、希望している職種や割と満足できる給料等を得られる可能性は十分あります。

実際に中小企業の課長さん・部長さんの出身校がFラン出身者なのもよくある話です。
そして、ご自身が通っておられる大学に中小企業等から求職票が届いている可能性が高いです。

是非、ここの大学から採用したいというラブコールにも一度耳を傾けてみると、思わぬご縁が飛び込んでくる可能性が高いです。

避けるべき企業

募集概要を確認すると、現在在籍している社員数に対して、新卒で採用する人数がほぼ同じか半分くらいでしたら、大量採用をしている可能性があります。

安易に会社の看板に惹かれて、簡単に内定を貰えたとしても、いばらの道が待っている可能性があります。

穴場的企業を探そう

Fラン大学生には、まだまだ希望があります。

学生さんの中には、地元へ戻って就職したいと考えているケースもあります。

地元にある老舗企業でしたら、大学を出ているだけで採用してくれる可能性があります。

企業の見分け方としては、社員の半数以上が高卒または専門卒以上で占められている場合です。

大学卒が珍しい地方でしたら、積極的に内定を出してくれる企業と巡り合える可能性があります。

他にも急成長中のベンチャー企業でしたら、学歴に関係なく活躍できるチャンスがあります。

創業したての会社で、役員たちと

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ