/category/column/post-10117/

特集記事

  • お気に入り
  • 168SCORE

【生インタビュー】僕が大手総合商社を3年で辞めた理由

【生インタビュー】僕が大手総合商社を3年で辞めた理由

 
「ファーストキャリア」という言葉がある。
これは、自身の夢・ビジョンの実現のためには今後着くであろう仕事が複数あることを予め想定し、その内のまず最初に就く仕事として仕事を選ぶ、ということを意味する。
 
 
新卒就活市場にも、この流れは間違いなく現れているだろう。
 
 
自身の就職先を選ぶ際に、「年収」「世間体」「ワークライフバランス」などこれまでメジャーだった要因の他に、自身の夢やビジョンを描くために、または自身の人生をトータルで見たときに<今>すべきことを就職先として選ぶ。もしくは、「なんとなく」で就職先を決める、つまり自分の転職の可能性を予め予想した上で就職先を決める「ファーストキャリア」という考え方だ。
 
 
今回お話を伺ったOさんもそのうちの一人だ。
彼は、就活市場において学生から圧倒的人気のある総合商社に入社するも、3年間でその会社を辞め、現在は新規出店予定の居酒屋チェーンで店長として活躍する予定だとのことである。
 
 
Oさんがどういった就職活動をして総合商社に入社し、そして現在のキャリアを歩むまでに至ったのかに迫りたい。
 
 
ここからはOさんにバトンを渡して語ってもらおう。
 

「僕が総合商社に入るまで」

「僕が総合商社に入るまで」

 
まず「なぜ総合商社に入ろうと思ったのか?」という話からしたいと思います。
 
 
父親が海外赴任のサラリーマン(大手電機メーカーです)だったこともあって、僕は高校に入学するまでの15年間をアメリカ、カナダ、ドイツで過ごしました。
こういうと「帰国子女」というイメージが強くなりそうですが、日本人学校に行っていたので英語はからっきしでした。きっと学生の皆さんより英語できないと思いますよ(笑)
 
 
海外居住での経験から、何となく日本人と外国人の生活様式や価値観の違いに興味を持った僕は、大学に早稲田大学の文化構想学部を選びました。
大学に入ると、(おそらく皆さんもそうだと思うのですが)遊び呆けてしまいました。笑
テニスサークルに入り、毎日テニス、飲み会、テニス、飲み会…という日々を送っていました。
大学3年生のとき、「就職活動」を皆が意識し始め、僕もなんとなく自分の進

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ