/category/column/post-23855/

特集記事

  • お気に入り
  • 4591SCORE

【就活後にリクルートスーツは不要!?】普通のスーツとの違いとは

【就活後にリクルートスーツは不要!?】普通のスーツとの違いとは

 

皆さん、リクルートスーツの寿命について考えたことはありますか?
リクルートスーツと普通のスーツとでは見た目に違いがあります。
リクルートスーツにはやはりフレッシュさが感じられるように作られているため、
ずっと着続けることはお勧めできないそうです。
  
就活後、リクルートスーツに活躍の場はあるのでしょうか?
普通のスーツとの違いを見ながら検証してみましょう!
 
画像引用:新卒就活.com/リクルートスーツの色を正しく選ぶポイント/

【結論から言うと・・・】

 
就活後にもリクルートスーツは着られます。
企業によっては、入社までに内定式、内定者懇談会、事前研修等があったりするので
その度にほとんどの内定者はリクルートスーツを着ていくそうです。
 
また、新入社員は数ヶ月間リクルートスーツで過ごすのが通例なのだそう。
新入社員でなくとも若手の社員であればリクルートスーツを着まわしている人も普通にいるようです。
 
画像引用:https://careerpark.jp/19031

【結論から言うと・・・】

【リクルートスーツを着たくなくなる時期が来る?】

 
リクルートスーツはそもそも、面接向きにフレッシュで誠実に見える色や生地、仕立て方法で作られたスーツのことを指します。そのため、就活以外でも着られないことはありません。

では何故多くの人はリクルートスーツを着なくなるのか?
その理由として、一般的なリクルート用といわれるスーツは普通のスーツに比べチープなものが多いということが挙げられます。
 
○リクルートスーツの弱点
素材が比較的安いものであったり、化学繊維でできていることが多く、耐久性はあまりありません。見た目の悪いしわがついたり、湿気がこもって着心地が悪かったりします。

人によっては未熟な雰囲気も出てしまうこともあり、入社年数を重ねる毎に着ることを躊躇するようになるそうです。
他の人に頼りない印象を与えることを恐れて、リクルートスーツを卒業する人が多いのですね。
 
画像引用:

複数の内定がもらえる就活生の特徴とは。

【リクルートスーツを着たくなくなる時期が来る?】

【リクルートスーツを効果的に活用できる場面】

 
とはいえ、リクルートスーツの特徴をうまく生かして活用することもできるんです!
新入社員のころは、フレッシュさを出した方がいい場面が多いため、多くの人がよく活用するそうです。
また、プライベートでフォーマルな格好をする必要のある時には、リクルートスーツを使えることがあるそうです。
 
画像引用:http://datsufreeter.com/archives/1801

【リクルートスーツを効果的に活用できる場面】

【葬儀にリクルートスーツはダメ!】

 
「あまり着る機会がなくなるなら、黒の就活スーツを買って葬儀の時に活用しよう・・」
というのは実はダメです。ちゃんと礼服というものがあり、スーツの仕立て方が違うため、ばれてしまいます。
学生のうちは許されることもありますが、社会人になったらマナーとしてきちんと礼服を着ましょう。
 
画像引用:http://datsufreeter.com/archives/1801

【まとめ】

 
こんな短い期間のために大金をはたくのは損した気分だ!
という人は、普通のスーツを買って就活に挑んでもいいでしょう。
最近ではそういう人も増えているそうです。
しかし、就活のために普通のスーツを買う人は、お店の人に相談してなるべく就活に
ふさわしいものを選ぶことをお勧めします。

 

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ