特集記事

【これで分かる!外資系企業、国内企業の違い】

【これで分かる!外資系企業、国内企業の違い】

就職活動で一番大切なことは、なんでしょうか?

それは、希望する会社を知るということ。

多くの採用募集を見ていると、
中に外資系企業と国内企業のものがありますよね。
では、
外資系企業と、国内企業はいったい何が違うのでしょうか。
ポイントを挙げたのでチェックしてみてくださいね。

給与制度

もしあなたが、高収入を得たいと思うであれば、
外資系企業のほうがいいかもしれません。
それは国内企業よりも外資系企業のほうが給与水準は高いからです。
外資系の給与決定時の最重要項目は業績・成果であり、
学歴・勤続年数・年齢などで給与を決定することがほとんどありません。
できる人ほど給与が増え稼ぐことができるのです。

これだけなら、外資系のほうがいいようにも思えますが、
日本企業にもいいことろがあります。

それは、与えられた仕事をきちんとやっていれば、
外資系よりも少ないとはいえ、
生活できる分の給与がもらえるということ。
そして、横並びで給料が上がっていくので、
周りとの差を意識する必要がありません。

さらに、給与以外の様々な福利厚生があるのもポイント。
給与外報酬、医療費、冠婚葬祭、保養所などは国内企業の特典です。

仕事観

外資系は一つ一つの役割がはっきりとしています。
その一つ一つの境目は明確で、他部署の仕事をする必要はありません。
自分の与えられたその仕事のプロとして、
対応し結果をださなければなりません。

一方、国内企業の場合は、協調的。
「大部屋主義」ともいわれる助け合い精神があるので、
他部署や担当外の仕事も手伝うことが必要になってきます。
ただ、みんなで仕事をしているために、個人のプレッシャーは少なく、
結果を求められることも外資系企業に比べて少ないです。

新人教育

外資系の場合、特に新人教育を行うということはありません。
自分で学び、自分で行動する。
わからなければ自主的に同僚や先輩に聞いたりするのが普通です。
自主性や独立心がないと、厳しい世界です。
新人教育が少ないのは、外資系には途中採用が多く、
個人がどれほどの知識を持っているか、技術があるのか、
様々だからなのかもしれませんね。

新卒を多く採用する国内企業には、
ほとんどの企業で新人研修期間というものを設けています。
お辞儀の仕方や電話対応、敬語の使い方まで教えてもらえますので、
不安なく仕事に入ることができます。

また、ビジネスマナーなどの礎知識を持った人は、外資系でも重宝されます。

語学力

外資系では、語学力がないとはっきりいって出世できません。
上司とのコミュニケーションしかり、必ず必要になってきます。
語学力に自信がある、

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ