/category/column/post-26339/

特集記事

  • お気に入り
  • 3916SCORE

総合職と一般職、それぞれのメリットデメリットは?

総合職と一般職、それぞれのメリットデメリットは?

正社員には、総合職と、一般職という分類をされることがあります。
しかし、それぞれについて明確な違いや特徴、メリット、デメリットなどを理解している人は少ないのではないでしょうか。
そこで、今回はそれぞれについて、メリットやデメリットと一緒にご紹介します。

【総合職】

総合職とは、会社のなかで、総合的なことを判断するために基幹的業務についている正社員のことです。
将来、管理職になることを期待されている、幹部候補の正社員という捉え方をされることもあります。

将来的に中核を担う人材であるため、就職活動では、即戦力になるかどうかより、会社の理念や意向に合った性格、人格の持ち主であるかということが重要視されます。

さまざまな仕事を担当し、経験を積んでいくので、飽きがきやすい人や、多くのことに興味関心がある人は、向いています。
さまざまな役割を担い、経験を詰めるのは大きなメリットです。

しかし、一方で、将来的に中核を担うことを期待されているため、ひとつ専門を持ち、その知識や技術の向上を目指したい人には向いていない場合があります。

【一般職】

一般職とは、企業や会社で、典型的な一般業務を行う仕事です。原則として、転居をともなう異動はありません。

総合職を支える立場でもあります。
また、マニュアル通りに仕事をすることが多く、仕事の幅もそれほど広くありません。

一つの作業を繰り返して行うことに飽きがこない人や、淡々と作業を進めることが得意な人には一般職は向いています。

一般職といっても、仕事内容は企業などによって異なるため、給与や福利厚生がそれぞれ企業によって違います。そのため、自分の希望に合わない一般職もあります。
就職活動の時点で、それらを明らかにし、納得したうえで就職試験を受けるようにしてください。

また、一般職は、総合職に比べて昇給の機会も少なく年収などに差がでてくる場合があります。給与も踏まえて、自分にはどちらが良いかを考える必要があります。

【職業選択のコツ】

ひとことで、「総合職」、「一般職」といっても、それぞれに区分もあり、企業や会社によって求められていることも違います。

「総合職」も「一般職」もそれぞれ、職業の大枠を表す言葉なので、その詳細を知らずに就職試験に望むと、内定をいただいたとしても入社してから、自分の予想とのギャップに苦しめられる可能性もあります。

まずは、企業の宣伝だけに捉われたりせず、わからないことは直接企業に問い合わせるなどすることが大切です。
そして、総合職、一般職と完全に区切って就職活動をするのではなく、両方の選択肢を最後まで残しておくのも、職業選択の良い方法です。

【まとめ】

総合職、一般職といわれる職業の大きな区分があり、それぞれにメリットもデメリットも存在します。
給与や自分のライフスタイルの希望とすり合わせながら、自分に合った職業を見つけてください。

参考
http://www.enjapan.com/tenshoku-daijiten/9256/

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ