特集記事

【就活と学生生活のバランス】就活に支障をきたさない学生生活の送り方

【就活と学生生活のバランス】就活に支障をきたさない学生生活の送り方

就職活動は学生の大半が学生生活終盤に必死に行いますよね。

就職活動が順調でも大学生活は順調ですか?ということです。

就職活動が順調でも大学を卒業できなければ意味がありません。

今回は就活に支障をきたさない学生生活の送り方を紹介していきます。

☆単位の重要性

各大学によって取得単位数が違うと思いますが、大学1,2年生の頃は単位を取りまくることに専念します。

そうすると3,4年生の年に授業が減ります。3,4年生で授業が減れば大学生活後半は大半が自由に使えるようになります。

大学生活前半はとても厳しいですが頑張って単位を取得しましょう。

また単位だけを淡々と取るのではなくできるだけ良い成績を取るようにしましょう。

良い成績を取る理由はこの後に話します。

☆単位の重要性

☆卒業論文、卒業研究とは

卒論、卒研とは大学を卒業する上で必要な最終ステージです。

卒論、卒研は講義ではなく自分自身で進めていく必要があります。

もちろん教授がアドバイス等はしてくれますが、自分で時間を作って論文や研究を進めていかなくてはなりません。

そのため大学生活後半は時間が必要になるのです。卒論や卒研は教授が得意分野とする研究をしなくてはなりません。

教授によっては自由なところもあると思いますが、教授によって卒論、卒研のテーマの進路が決まってしまうと言うことです。

上記の単位の重要性で話しましたが良い成績を取る理由として、自分の入りたい教授の希望をとり、その後成績順に決まっていく大学が多いと思います。

もしくは教授決めをする前学期に教授の講義を受けた学生が対象者として抽選や成績順などを行う大学もあると聞きます。

前者の場合、まず入りたい教授のゼミに入るには成績が良ければ良いほど入れる確率が上がります。

後者の場合、1,2年でしっかりと単位を取っていれば講義を受けることのできる確率が上がります。1,2年で単位を取らずにいて必修と重なってしまったり、他の授業の都合で教授の講義に出られない可能性も。

単位の重要性伝わりましたか?

☆卒業論文、卒業研究とは

☆卒論、卒研を効率よく進める方法

上記で1度言いましたが、教授によってテーマの進路が決まってしまうと言いましたが教授に恵まれず、自分に興味のない分野の教授になったとしたら、卒論、卒研がとても憂鬱になりますよね。教授が希望通りに決まればスムーズに卒論、卒研を進めることができますよね。

頑張って卒論、卒研の時間を作って計画的に進めて下さいね。。

☆バイトはいつするの?

バイトは週3,4回行けば大学生活を送れると思います。

働く時間にも左右されますが、土日の有効活用や夜勤時給を利用したりすれば大学生活は送れます。

1人暮らしはもっとバイトをしない

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ