特集記事

【早期内定】早期内定の取り方!メリット!デメリットを徹底解説!

【早期内定】早期内定の取り方!メリット!デメリットを徹底解説!

大学生活の中で行う就活の時期が後ろ倒しされる傾向にあり、大手の企業の選考が始まる前に、色々な方法やルートを利用して早期内定を獲得する学生も多くなりました。
今からでも知っておきたい、早期内定に関するメリットとデメリットについて説明しています。

早期内定をする企業の傾向とは

一般的に、就活の時期でも早期募集やインターンを行っている企業は、ベンチャー企業や外資系企業が多く、その後一部上場などの大手企業の募集が行われる傾向にあります。
その為、早期募集やインターン募集を利用し、就活を行っている学生さんの中には、大手の選考前に内定が貰えるパターンも多いです。
私も実際に早期内定を貰う事によって、色々なメリットを感じましたが、一つ目がやはり安心感です。
一つでも内定を貰っておく事によって、どこにも就職できなかった、という最悪の事態は避けられます。
それと、早期募集を利用する事によって、他の学生よりも早くに就活を始め、失敗も早い段階に経験できました。
私は、早期募集のとあるベンチャー企業の面接で失敗をしてしまったのですが、その失敗を後の大手企業の面接に生かすことができました。

本命にも影響のある早期内定のメリット

他にも、ひとつの企業から内定をもらった、という実績がある事で、その後の自分の就活にも自信を持って挑む事ができました。
私を必要としている企業がある、自分は価値のある人間なのだと感じ、その後の企業の応募から面接まで、堂々とした態度で行う事ができました。
そして、早期内定があると後に受ける企業の絞り込みを行う事もできました。
私も早期内定を受ける前は、「とりあえず受けておこう」と応募を考えていた企業も多数ありました。
けれども、早期内定を得た事によって、後から受ける企業を本当に自分が受けたい企業だけに絞り込む事ができたのです。
履歴書やエントリーシートなどの応募書類の用意や、エントリーの手続きの数が格段に減ったので、全体的に就活が楽に感じました。

早期内定のデメリット

以上、私が早期内定で感じたメリットです。
次に早期内定のデメリットについて説明します。
これは、やはりモチベーションが低下してしまった事です。
「もう内定一社貰えたから、就活はもういいかな」という気持ちがどことなく出てきてしまい、就活自体が中弛みしてしまったのです。
私も、あやうく本命の大手企業へのやる気が落ちてしまい、何となく全体的に手抜き気味の就活になりかけました。
早期内定を貰った事によって本命へのやる気が落ちるのは本末転倒です。
早期内定のメリットとデメリットを知った上で納得の行く就活を行いましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ