特集記事

【就活生必見!】難関企業を目指す就活をする上でのポイント

【就活生必見!】難関企業を目指す就活をする上でのポイント

大学に進学することが当たり前の時代になると、必然的に高学歴の学生から順に、難関企業の内定を獲得していきます。

就活をする段になってから、もっと勉強をがんばって大学のレベルを上げておけばよかったと思ってもやり直しはききませんので、他の方法を考えます。

早めの着手がカギを握る

難関企業からの内定をもらっているのは、国立大学の学生が圧倒的に多くなっており、やはり大学のレベルが物を言っていることが分かります。

次いで、有名私立大学の学生が内定を勝ち取っていることから、難関企業と呼ばれるところは大学のレベルがより高いところを選び、その中から目的に適った仕事をしてくれそうな優秀な学生をさらに篩にかけ、シビアに選び取っている状況が見えてきます。

けれども、就活をする大学生という立場になってしまってから、大学のレベルを上げておけばよかったと思っても、今更どうすることもできません。

難関企業への就職は無理と諦めるしかないのかというと、まだ方法はあり、諦めるには早いでしょう。

1つ目のポイントとしては、とにかく早く就活を始めることです。

早めに始めることにより、対策をより多く立てることができます。

講じるべき対策が多ければ多いほど、その中からもっとも効果的と思われる方法を選んで、活動していくことができます。

活動することができれば、前へ進んでいるという実感が持てるようになり、気持ちも前向きになります。

具体的な対策を考える

2つ目のポイントは、1つ目とリンクする対策を立てることと関係してきます。

今や多くの企業が、会社の雰囲気を知ってもらうためにインターンという活動を行っています。

大学生は比較的長い夏休みが取れますが、サマーインターンに参加している学生は、そうでない学生よりも難関企業を突破する割合が高くなっているのです。

早めの活動として、サマーインターンに参加することは、非常に有利に働くと言えるでしょう。

3つ目のポイントとして重要なのは、気になる業界を少数に絞り、その中でも人気のある会社をいくつかだけピックアップして応募するのは避けるということです。

就活において特定の業界についてだけ調べることになり、その業界には詳しくなっても、他はさっぱりということで、不採用になる可能性が高くなります。

これを受けて考えると、4つ目のポイントは就活の業種範囲を大きく広げ、さまざまな分野についての知識を習得することです。

これは、かなり手間のかかる作業になりますので、それこそ入学した時点からやり始めてもいいかもしれません。

5つ目の難関企業突破方法は、仮に高学歴ではなくても、高学歴学生が受ける人

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ