/category/company/post-44929/

企業研究

  • お気に入り
  • 985SCORE

幸せな終身雇用型企業ランキング

幸せな終身雇用型企業ランキング

 
就職・転職のためのリサーチサイト「Vorkers」を運営しているヴォーカーズが「幸せな終身雇用型企業ランキング」を発表しました。
 
上場企業の有価証券報告書の「平均勤続年数」と、サイトに投稿された社員による会社評価スコアから、平均勤続年数が20年を超える企業の社員満足度を調査しています。
 

男性の2人に1人、女性の3人に2人が転職すると言われ、終身雇用が当たり前でなくなった今、なお平均勤続年数が20年を超える企業には、どのような特徴があるのでしょうか。

エネルギー系企業が6社ランクイン

1位は大阪ガスで、平均勤続年数は20.5年、8項目の総合評価点は3.81点です。
中でも「待遇面」での満足度は4.2点と高評価を得ています。

給与に関するクチコミを見ると、勤続年数が長いほど給与が高くなる、安定した年功序列型であることがわかります。
また、平均勤続年数は男性社員よりも女性の方が長く(女性23.0年、男性21.4年 ※大阪ガスホームページより)、出産後子育てをしながらも、家庭と両立して働き続けやすい環境が整えられているようです。
 
 
また、1位の大阪ガスを筆頭に、出光興産、東邦ガス、北海道電力、関西電力、コスモ石油と、エネルギー企業がトップ20のうち6社を占める結果となりました。
これらの企業のクチコミを見ると「安定」という言葉が目立ち、入社理由として「福利厚生の良さ」も多く上がっています。
「安心して長く働ける」ことを軸に会社選びをしている社員が多いようです。
また、これらのエネルギー系産業は新規参入が難しく、市場競争があまりなかったことから、安定的に長期雇用が守られてきたとも考えられます。

エネルギー系企業が6社ランクイン

平均勤続年数が長いのは

 
トップ20のうち、最も平均勤続年数が長かったのは11位にランクインしたパナソニックの22.9年です。
クチコミでは「社員を大事にする」という創業者松下幸之助の経営理念が受け継がれている様子がわかります。

•「福利厚生が厚く、給与以外の生活向上〈手当・補助〉感が強い。創業者の経営理念は社員全員が意識しており、誰でも経営理念に反する決断はしないため、強固な組織と言える。(在籍20年以上、男性、パナソニック)」
•「社内の研修制度が豊富で、社員に積極的な受講も勧めている。また、社外の研修、自己啓発にかかわる費用のサポート制度もあり、「人を育てる」ことを大切にしている。(在籍20年以上、男性、パナソニック)」

会社が社員を大事にしてくれることから、社員も会社に対し長く勤めたいという気持ちを持つようになるのだと考えられます。

まとめ

 
平均勤続年数の長い会社は、福利厚生が充実し、社員にとって働きやすい環境が整備されていることがわかりました。

また、会社の取り扱う商品が安定していることで、リストラ等の雇用改革が少なくなるため長く勤めることができる、という背景もあるようです。
 
 
幸せに、長く勤められる会社を探すなら、今回の調査結果を参考にしてみてください。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ