/category/company/post-44979/

企業研究

  • お気に入り
  • 1646SCORE

【女子の就活】一般職?総合職?情報収集を怠るな!

【女子の就活】一般職?総合職?情報収集を怠るな!

 
女子のみなさん!
 
就職したらどんな生活をしたいですか?
 
 
男子に負けないくらいバリバリ働くのか、アフターファイブを充実させるのか。
結婚したら家庭と仕事どっちを重視したいのか。
 
企業選びの前に考えなくてはならないことがいーーーーっぱいですね。

総合職?一般職?

 
総合職とは、男性と同じ条件・待遇で勤務するということです。
転勤や昇進・昇給も男性と同様にあります。
 
一方一般職は、正社員ではありますが待遇面では総合職に劣ります。
補助的な業務を担当する職種で、昇進は限られていますが遠方への転勤はありません。
総合職の同期や後輩が上司になる可能性もあります。
 
 
そのことから一般職の方が簡単に入社できる、思ってしまいがちです。
しかし短大生や中堅大学生だけでなく、上位大学の女子の間でも一般職の人気が高まっていて、倍率は低くありません。
 
中堅企業の総合職より大企業の一般職の方が、福利厚生が充実しています。
また、勤務先を言ったときにかっこいい、というのも理由の1つのようです。
 
 
一般職だからといって簡単だと思い油断しないようにしましょう。

「就活四季報女子版」を見ろ!

 
一般職や総合職でどんな大学からどれくらいの人数を採用しているか、
知るためのツールの1つとして、「就活四季報女子版」があります。
 
企業によっては一般職と総合職を併願できることもあります。
この併願の可否も「就活四季報女子版」で見ることができます!
 
 
この冊子には女子にとって有益な情報がたっぷり書かれています。
 
たとえば「女性勤続年数ベスト100」。
一般的に女性の平均勤続年数は、結婚・妊娠等の理由から男性より短くなりがちです。
しかし女性勤続年数が長い会社は、平均勤続年数が男性より女性の方が長いことが多いです。
そういった企業の3年離職率にも注目してみると、ゼロもしくは低い企業が多く、女性が働きやすい環境が整っていることが伺えます。
 
 
女子が企業研究をするにあたっては、まずこの「就活四季報女子版」を手にとってみることをオススメします。
 

「就活四季報女子版」を見ろ!

16卒では、選択を迫られた

 
就活の日程が変更された今年の就活では、女子は大変苦労したようです。
 
15卒までの就活では、総合職を受けてダメだったら一般職を受けるという女子が多くいました。
しかし今年の就活では総合職と一般職の選考がほとんど同時に進むことになったため、選択する猶予がなくなってしまったのです。
 
ただでさえ悩ましい「総合職か一般職か」の重大な決断を短期間で行うよう迫られることになってしまいました。
 
そのため内定承諾してからも考え続け、就活を再開したり内定ブルーに陥ったりと、安心できない結果を迎えた人も少なくありません。
 
 
このような経緯があったので、これから就活を始める17卒のみなさんは、今のうちから自分の就職について考えておきましょう。
 
 
働き方、ワークライフバランス、将来像など考えることは本当に沢山あります。
 
決断を迫られたときに焦ってしまい後悔しないよう、早めに動くことが大切です。

16卒では、選択を迫られた

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ