就活の流れ

【就活準備講座】意外と知らない「就活の方法」

【就活準備講座】意外と知らない「就活の方法」

18卒の就活生の中には就活を終える人も増えてきた中、19卒の方々の中には早くも就活に意識を向け始めている方もいらっしゃる頃だと思います。
就活は早く始めたほうが良いという声もよく耳にしますが、そもそも就活をするとはどういうことなのでしょうか。
今回は意外と教えてもらえない基本的な就活の方法についてお伝えします!

一般的な就活の流れ(※時期は18卒のものを参考にしています)

まずはじめに大まかな就活の流れです。

説明会(3月上旬~5月中旬 ※3月がメイン)

適性検査受験・ES提出(4月上旬~5月中旬)

面接(5月上旬~)

内々定(6/1~)

就活は簡単に言ってしまえば「説明会に参加し、ESを提出&適正検査を受験し、面接を受けて内定を貰う」活動です。

上に記した選考時期は日系大手企業のものを参考にしています。ただベンチャーや外資系企業、マスコミやコンサルティング業界は記載した時期よりも早く選考を行う企業が多いので注意が必要です。

また、日系大手企業の中にも、6月1日の面接解禁を待たずして(名目上は面談などといった形で)面接を行う企業も多くあります。
特にGW明けから「面談」を行う企業が増えるので、志望企業の動向には注意しましょう。

説明会

説明会は大きく分けて「合同企業説明会」「学内企業説明会」「自社説明会」の3種類があります。

①合同企業説明会
就活支援企業などが主催するもので通称「合説」と呼ばれるものです。大きいものだと幕張メッセなどが会場となり、各企業のブースを訪問することで一度に多くの企業の説明を聞くことができます。ただ大手企業から中小企業まで多種多様な企業が来るため、説明を聞く際は注意が必要です。

②学内企業説明会
3月上旬から中旬にかけて大学内で開催される説明会です。主にその大学の卒業生が多く就職してきた企業が説明に来るため、志望順位が高くなるであろう企業の説明を聞くことができます。中には説明会の出席を取る企業もあり、出席すればその後の選考でリクルーターがつくといったケースもあります。所属する大学が学内企業説明会を実施している場合はぜひ積極的に活用しましょう。

③自社説明会
企業が自ら開催する説明会です。多くの企業は3月中旬以降に説明会を開催します。
中には選考に進む上で自社説明会への参加が必須の企業もあるので注意しましょう。

ES

ES(エントリーシート)は

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ