/category/industry/post-2529/

業界研究

  • お気に入り
  • 13926SCORE

海外出張のチャンスが多い意外な仕事とは?

海外出張のチャンスが多い意外な仕事とは?

世界をまたに掛けるビジネスがしたい、仕事を通して海外へ行きたいと思っている方、多いかと思います。
グローバルな仕事としてまず思いつくのは総合商社の営業職などですが、人気の高い総合商社はなかなか採用されるのは難しいものです。
そこで、海外に頻繁に出張できるけれど意外と知られていない仕事についていくつか紹介していきます。

輸入輸出関連の会社

輸入輸出関連ビジネスの会社は、輸入商品の調達や、輸出先との交渉などの仕事で海外に出張する事が多いです。
総合商社や貿易会社もこの一つと言えますが、こういったビジネスを扱っている会社は大手の人気企業でなくとも無数にあり、過度に選り好みしなければ採用される可能性が高いです。
例えば、雑貨、食品、インテリア、クルマ、メディアなどの輸入輸出会社などが挙げられます。
最近はインターネットの普及により、小規模な会社でもこういった事業を行っている会社は多いです。
職種としては、こういった会社の「バイヤー」や「営業職」、「調達部門」などを狙うと海外出張に行ける機会が増えてきます。

海外事業を開拓する部署

海外出張がしたい場合、すでに海外と関わりのある会社や部署で働くのがベターですが、意外とそれだけではありません。
今現在は国内でのみ事業をしているが今後海外展開を視野に入れている会社で、新規開拓事業部などに配属されると
視察や交渉、現地での監督など海外で仕事をする機会にありつけます。
新規開拓というと大きな会社を想像しがちですが、中小企業やベンチャー企業であってもこれから海外に営業所や工場を作ろうとしていたり、
海外の取引先を増やそうとしている企業は意外と多いです。
特に勢いに乗っている会社や海外にも通用する商品、サービスを持っている会社であれば、新規開拓として海外にいく機会が
増えてくると思います。そういった会社の新規事業部などを狙えば海外での仕事が実現化できてくるでしょう。

技術者・クリエイターとして働く

技術者も意外と海外での仕事が多い職種です。
技術者の場合は、国内国外という枠関係なしに活躍できる技術者、例えばIT、電子機器などの技術者が海外で仕事をする機会が多いです。
他にも、国内の技術が世界的に見ても強い業界、例えば自動車やアニメ、ゲームなどのメディア業界の技術者は海外で仕事をする機会が多いです。
技術者の場合、数日の出張というよりは、ある程度の期間派遣され仕事をするという傾向が強いです。
その他、海外の技術を取り入れるために研修という意味で海外にいく機会もあります。
ただし技術者のウリはその技術力。
海外にいく技術者はそれに応じた技術を持っている人材や、将来海外での活躍を期待して育成しようとしている人材が選ばれる事が多いです。

まとめ

いかかでしたでしょうか。
この他にも海外に出張できる仕事というのは探せば意外とあるものです。
固定観念に縛られず少し目線を変えてみると、意外な仕事から海外が見えてくるかもしれません。
海外で働く、頻繁に海外出張するメリットとデメリットを考えた上で決めることが重要ですね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ