インターンシップ

【就活生必見!】インターンシップで良い評価を受けた方が良いのは何故?

【就活生必見!】インターンシップで良い評価を受けた方が良いのは何故?

インターンに参加をしたら人事から高い評価を受けろと言われます。

ただ何となく参加するよりも、この人は使えると思ってもらえた方が良いのは当然ですが、何故高い評価をされることを求められるのでしょうか。

その理由と高い評価を受けるには具体的にどうすべきかをお話します。

人事から高い評価を受けなくてはならないのは何故?

インターンで高い評価を受けろと言われる理由は、インターンシップに参加している企業が第一志望かそうでないかで変わっていきます。

インターンに参加した企業が第一志望で将来はそこで働きたいと考えている場合、インターンに参加しておくと顔と名前を覚えてもらえて面接時に有利に働くことがあります。

良い結果を残せばこの人は必要な人材だと思ってもらえるため、高い評価を受けることで内定への近道にもなるのです。

逆に特に志望していない企業であった場合、上記の理由なら別に高い評価を受けなくても良いじゃないか、と思うかもしれません。

しかし、面接を受ける時何処でも良いからと業界も絞らずに適当に面接を受ける人はいませんし、ある程度的を絞って面接を受けます。

ということはインターンに行った先と業界が同じである、というケースは往々にして起こりやすく、インターンに行った企業と繋がりがあるケースも想定できます。

そこであの人は駄目だった、という話をされたら第一志望の企業でも面接を落とす可能性があるため真剣にやっておいた方が良いと言えます。

どうすれば評価が高くなる?

高い評価を受けるためにはまず、積極性や爽やかさをアピールする必要があります。

例えば仕事を少しでも体験させてもらえるのであれば、積極的にやらせてもらうようにしましょう。

勿論仕事ができないことはあちらも分かっているので、無理難題を押し付けることはありませんし、分からないことは素直に分からないと言って教えてもらえば良いのです。

ただ、教えてもらった仕事を大失敗してしまっては評価が下がるので慎重に行うようにしましょう。

また、学生らしいフレッシュさもアピールポイントになりますので、笑顔で元気よく挨拶をするというのも重要なことです。

TPOに合わせた表情は必要ですが、怒られているような場面で無ければ自然な笑顔で振る舞った方が良いでしょう。

挨拶も社会人として当たり前のマナーですので、必ずするようにしましょう。

メモを取る習慣を身に付けよう

仕事について教わった時や重要な話をしている時はメモを取るようにしましょう。

教えてもらった仕事はなるべく一回で覚える必要があり、何度も同じことを聞き返すのは良い印象を持たれません。

もし一度聞いて忘れてしまったとしてもメモを見ればすぐに思い出せますし、この人は真剣に覚えようとしていると

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ