就活の心得・マナー

就活生必見!合同説明会で損をしない時間の使い方

就活生必見!合同説明会で損をしない時間の使い方

 
就活が始まると、最初に社員と関わる機会が合同説明会ですよね。
まだ就活が始まって間もなく、よくわからないまま参加してしまうこともあります。
しかしそれでは意味がありません。
合同説明会をより有意義にし、損をしないための5つの方法をご紹介します。
 

① 目的を明確に

 
ありがちな失敗は、「とりあえず行くだけ行ってみよう」という気持ちで臨むこと。
もちろん「知らなかった企業について知る」機会なので、参加するだけでも意味はあります。
しかし、その参加する目的をしっかり持っておきましょう。
 
合同説明会では、企業の担当者はその企業をほとんど知らない人にも会社のことを知ってもらいたいので、具体的な説明や深い話は聞けない可能性があります。
もちろん、採用担当者と話せるかもしれませんし、新しい発見があるかもしれません。
それは自分の時間の使い方次第なので、ホームページに書いてあるようなことだけを聞いて帰るようなことのないようにしたいですね。
 
・企業の人の雰囲気を知る
・企業の人と話す
・企業の人に顔や名前を覚えてもらう
など、明確な目標を決めておくこと。
また参加企業をあらかじめ調べ、興味がある企業を絞っておくことが大切です。
 

② 学生の参加が少ない企業を狙え

 
学生の参加人数が多い人気企業、大手企業の会場に同じように参加しても、その大勢の中の1人にしかなれません。
また、そういう企業はたくさんの学生に聞いてもらうため、説明の時間が短く、内容も浅くなりやすいです。
そういう企業の会場に行っても選考上のメリットを得られる可能性は低いと考えられます。
 
ならば、どこに行ったらいいのか。
ちょっと寂しそうにしている、空いている企業に行きましょう。
もちろん興味がないところに行っても意味はありませんが、ちょっと話を聞いてみようかな、と思っているところが空いていたら、迷わず足を運びましょう。
 
来る学生が少なく、暇を持て余してしまっている状況で、学生が来て、熱心に話を聞いてくれれば、間違いなく担当者の記憶には残ります。
人数も少ないため、担当者はあなた一人に対して話をしてくれます。深い話も聞けますし、名刺を渡せば名前だって覚えてもらえます。
その他大勢と一緒に、調べたらわかるような説明を聞くより、はるかに有意義ですよね。
 

③ 説明会から内定へ

 
うまく担当者と話し、興味が持てるなと思ったら、OB訪問や工場見学ができないか聞いてみましょう。
もしダメでも、選考に不利になるということはありません。
積極的な姿勢を見せることで好印象を与えられますし、うまくいけば選考、内定へとつなげていけるのです。
 
もし、その企業が第一

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ