就活の心得・マナー

【就活生必見!】これが合否の「すべて」だ!【第一印象】を磨け!

【就活生必見!】これが合否の「すべて」だ!【第一印象】を磨け!

 
面接では第一印象が大事、第一印象でほとんどが決まる。
 
よく聞くフレーズですよね。
 
 
これはもちろん間違っていませんが、適切ではありません。
 
合否の判断は第一印象が「すべて」なのです。

なぜ「すべて」なのか

 
「重要」とか「大事」と言われると、それ以外でカバーできるような気がしますよね。
 
 
でも第一印象で与えたイメージは、そう簡単には覆りません。
 
その上、面接は長くても数十分ですから、その間に第一印象と違う印象を残すなんて不可能なのです。
 
 
 
そして人間の心理として、第一印象で持ったイメージを追証したがる傾向があります。

第一印象で良い人だと思ったら、良い人だと証明できるように脳が働いてしまうのです。

第一印象がよかった人に対しては、「友達が多そうだね」「どのように考えてその決断をしたの?」と+の回答を引き出す質問をし、少々傲慢な答えが返ってきても「自信にあふれている」と評価をします。

逆に第一印象が悪かった人に対しては、「友達はいるの?」「その決断は軽率だったのでは?」と-の回答を引き出そうとし、自信満々に答えると「傲慢だ」と評価します。

これでは第一印象を覆すどころか、どんな回答をしても第一印象と同じ印象しか持ってもらえません。
 
 
 
以上の理由から、第一印象の評価がそのまま合否の結果となると言っても全く過言ではないのです。

第一印象は何で決まる?

 
最低限気をつけなくてはならないのは身だしなみ。
 
これが乱れていては、その時点で第一印象が悪くなります。
つまり、不採用がほぼ確実と言っていいです。
 

・髪
・スーツ
・シャツ
・靴
・ネクタイ(男)
・メイク(女)

これらがきちんとしているのは「最低限」です。

身につけるもの以外の「印象」

 
① 表情

無表情は印象に残らないばかりか悪印象を与えます。
常に「笑顔」心がけ、不自然ではない程度に口角を上げましょう。
 
 
② 姿勢

姿勢は第一印象に大きな影響を与えます。
背筋を伸ばし、シャキッと明るい印象を与えましょう。
 
 
③ 目線

話すのが苦手な人にありがちなのが、目線を逸らしてしてしまうことです。
下を見たり、目が泳いだりするだけで、自信のない印象を与えてしまいます。

相手の目もしくは鼻、ネクタイの結び目あたりを見るようにしましょう。
相手の目を見て話す、聞くだけでよい印象を与えます。
 
 
④ 話し方

小声や棒読みで話していては悪い印象を与えてしまいます。
基本的にはきはきと聞き

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ