就活の心得・マナー

【聞きにくい質問は言い方を変える】労働環境・福利厚生編

【聞きにくい質問は言い方を変える】労働環境・福利厚生編

企業さんとお会いする説明会や面接などで必ずといっていいほど訪れる“質問”の時間。
 
逆質問で攻める、なんて、質問の時間すらもアピールタイムにするテクニックもありますよね。
 
でも、内心では本当に聞きたいこともあると思います。
 
なんだかこの会社、よさそう。だけど、
残業あるのかな?
休日出勤は実際のところどうなんだろう。
福利厚生について詳しく知りたい……。
 
ブラック企業なるものが世に登場している今、会社選びに欠かせない要素となっている労働環境や福利厚生。
 
今回は、聞きたくても聞きずらいそれらの質問を、うまく企業さんから聞き出すコツをまとめてみました♪
 
 

どうして聞いちゃいけないの?

はじめに、労働環境や福利厚生を聞くと企業さんからの心象が悪くなるのは、少なからず本当のことです。
でもなぜ聞いてはいけないのでしょう?

理由は主に2つあります。

1つめは、企業さんが福利厚生や労働環境を、あまり自分の会社を選ぶための動機にしてほしくないと感じているからです。

企業さんの存在意義、それは理念にあります。

そして仕事は業界や職種という言葉で表現されますよね。

学生さんにはそのようなところを見て、共感して入ってきてほしいという思いがあります。
なぜなら【企業】とは、同じ思いを持った人たちの集まりです。だからこそ、チームとなって社会に貢献していくことができるわけですよね。

福利厚生や労働環境は、そういう大きなものと比べると、くっついているものに過ぎないわけです。

だからそういうことを質問されると、どうしても「そこ?」となってしまいます。
本当にうちに入りたいの? うちくらいの残業量なら他の会社でもいいってこと? となるわけです。

2つめは、福利厚生や労働環境というものというのが、先代の社員の方々の手によって汗水垂らして作り上げられたものであるからです。

どんな企業さんでも、初めは整った制度なんてありませんから。
そして、人事の方や目の前の面接官は、そのような制度を作り上げた時代の方々である可能性があります。

「福利厚生について教えてください」
「労働環境どうですか」
そういうものをあまり軽々しく聞いてしまうのは、心象がよくないですよね。
なんの苦労も知らないで! という具合に。

そうはいうものの、気になるのだから仕方ない!
ということで、このようなことを理解した上で、労働環境や福利厚生についてを質問できるのがよいですよね♪

どうして聞いちゃいけないの?

残業・休日出勤は?

さて本題です。
これらは、最も聞きにくい質問であり、最も気になる事情でもあると思われます。

いわずもがな、一番ヤバい聞き方はこちらです。

「残業はありますか?」

社会なめてますか? と思われかねないですよね。
ちなみに残業が全くない企業なんて探す方が大変ですから……。

さすがにこんな質問する人なんていないと私は思っていました。が、説明会にて人当たりのよい人事の方が放った「遠慮なくなんでも質問くださいね」という言葉

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ