/category/knowledge/post-52058/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 142SCORE

【聞きにくい質問は言い方を変える】労働環境・福利厚生編

【聞きにくい質問は言い方を変える】労働環境・福利厚生編

企業さんとお会いする説明会や面接などで必ずといっていいほど訪れる“質問”の時間。
 
逆質問で攻める、なんて、質問の時間すらもアピールタイムにするテクニックもありますよね。
 
でも、内心では本当に聞きたいこともあると思います。
 
なんだかこの会社、よさそう。だけど、
残業あるのかな?
休日出勤は実際のところどうなんだろう。
福利厚生について詳しく知りたい……。
 
ブラック企業なるものが世に登場している今、会社選びに欠かせない要素となっている労働環境や福利厚生。
 
今回は、聞きたくても聞きずらいそれらの質問を、うまく企業さんから聞き出すコツをまとめてみました♪
 
 

どうして聞いちゃいけないの?

はじめに、労働環境や福利厚生を聞くと企業さんからの心象が悪くなるのは、少なからず本当のことです。
でもなぜ聞いてはいけないのでしょう?

理由は主に2つあります。

1つめは、企業さんが福利厚生や労働環境を、あまり自分の会社を選ぶための動機にしてほしくないと感じているからです。

企業さんの存在意義、それは理念にあります。

そして仕事は業界や職種という言葉で表現されますよね。

学生さんにはそのようなところを見て、共感して入ってきてほしいという思いがあります。
なぜなら【企業】とは、同じ思いを持った人たちの集まりです。だからこそ、チームとなって社会に貢献していくことができるわけですよね。

福利厚生や労働環境は、そういう大きなものと比べると、くっついているものに過ぎないわけです。

だからそういうことを質問されると、どうしても「そこ?」となってしま

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ