就活の心得・マナー

【最終選考前に】内定に関係する!?髪色と髪型に気を付けよう!

【最終選考前に】内定に関係する!?髪色と髪型に気を付けよう!

就活時の髪型や髪色は意外と担当者や面接官はよく見ていて、TPOを弁えられるかの判断材料にしていることがあります。
適した髪型や髪色で面接に臨まないと、どれほど良いことを言っていたとしても良い印象を与えられません。
どのような色や髪型が好まれるのでしょうか。

就活に相応しい髪色は

どのような髪色で就活を行えば良いのかと言えば、やはり基本は黒です。
いかにも染めました、と言わんばかりの不自然な黒さは流石に印象が悪いですが出来れば地毛のような自然な色味であると印象は良くなります。
会社というのはオシャレをする場ではありませんから、派手な髪色で派手な服装で来るような人はやる気が無いと見られてしまいます。
それに面接を担当する人が若い人で茶髪に理解があるとは限りませんし、年配の人ほど黒にこだわる可能性は高いです。
しかし、地毛が茶髪である場合は無理に黒に染める必要はありませんし、染めた茶髪と地毛の茶髪はやはり自然さが違いますから見て分かります。
もし問われた時は地毛であるとはっきり言い、染めているわけではないことをきちんと伝えましょう。
地毛であっても黒に染めろというのは理不尽な話ですし、落ち着いてきちんと答えられれば嘘を吐いているとは思われず納得してもらえます。
また職種によっては茶髪でもOKとしているところもありますが、それでも明るい茶色ではなく黒に近いダークブラウン程度に押さえておきましょう。

就活に相応しい髪型は

就活の髪型はどれも地味に映るかもしれませんが、オシャレをアピールする場ではないので地味に仕上げて下さい。
男性の場合は爽やかでフレッシュに見せるように、耳が隠れるような長さにするのではなく耳をしっかりと出してフロント、襟周りもすっきりさせましょう。
パーマは厳禁ですが、天然パーマで縮毛矯正をしているという場合は構いません。
女性の場合は髪が長い場合はひとまとめに括り、無駄な毛が落ちないようにピンで固定しましょう。
短い場合は男性と同じように出来る限り耳は出すようにし、ピンなどを使って髪を押さえるとお辞儀をした時に髪を直すために余計な動作をしなくて良いのでオススメです。
前髪は眉が見えるか少しかかる程度にし、長い場合はピンで留めて落ちないようにしておきましょう。

明るい髪色で内定を取れるのは稀

私の友人に何人か明るめの茶髪で就活をしていた人がいたのですが、内定を貰ったのはアパレル業界やネイリストなどファッション性をアピールする職種でした。
ですが、同じような職種に同じ条件で挑んでいくつも落ちている先輩もいたため、結局髪を黒に染め直して面接に挑んだら内定が取れたと言っていましたので髪色が明るくても内定が取れる方が稀なケースのようです。
髪色や髪型は人の印象を

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ