就活マナー

【就活生の身だしなみ】ネクタイピンは必需品?それとも不必要?

【就活生の身だしなみ】ネクタイピンは必需品?それとも不必要?

就活での身だしなみについていろいろと言われますが、男性の場合判断に困るのがネクタイピンの存在です。
付けなければいけないものなのか判断に迷ってとりあえずいつでも付けられるように持っているという人もいるかもしれません。
実際に必要なのかどうなのか、付け方はどうすれば良いのかを説明します。

ネクタイピンはあっても無くてもどちらでも良い

結論から言えばネクタイピンは就活の必須アイテムではありません。
一昔前であればネクタイピンを付けることもスーツを着る上でマナーの一つに組み込まれていたようですが、今はサラリーマンであっても使わない人が多いようですので必須アイテムではないのです。
実際はほぼオシャレアイテムとして扱われていますから、ネクタイピンがないことを咎められることも無いのです。
とはいえ絶対に付けてはならないというものでもなく、ちょっとした動作でネクタイがずれて見栄えが悪くなることを気にするのであれば付けても大丈夫です。
オシャレな柄だったり大きな石が付いていたりと、あからさまにファッション目的のピンでなければ問題ありません。

ネクタイピンの留め方と位置について

いくら使っても使わなくてもどちらでも良いアイテムとはいえ、面接官からオシャレ目的に使っているのではないかと思われるのは良くありません。
ネクタイピン一つで内定を貰えないという結果に終わることはありませんが、それでもオシャレ目的で使っていると思われるのは出来るだけ避けたいところです。
ネクタイピンの使い方は、ネクタイの大剣、小剣、シャツの3つを右から左へと挟んでネクタイをしっかりと固定します。
ネクタイもシャツもヨレたり曲がったりしないように真っ直ぐに整えて留めるように気をつけると不格好に見えずに済みます。
ピンを留める位置ですが、あまり上過ぎるとピンが強調され過ぎてしまいオシャレ目的で付けているように見えてしまいますし格好悪くも見えがちです。
位置はボタンを留めた状態でジャケットが重なる位置よりも少し上くらいで、見えるか見えないかくらいのところで留めておくと良いでしょう。
オシャレをアピールするアイテムではなく、あくまでネクタイを留めるためのものですからその感覚を忘れずに使うようにしましょう。

ネクタイピンの選び方や使う場面とは?

ネクタイピンはオシャレなものではなく、シルバーのシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。
ワンポイントに小さな石が入っているくらいならば良いですが、出来れば無いものの方が好ましいです。
ネクタイピンを使う機会もジャケットを脱ぐ場面が想定され、動くことが考えられる時は付けた方が、ネクタイが垂れて邪魔になることを防げますし、状況に応じて使うと考えた方が良いかもしれません。
実用性を重視してさり気なく使うようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ