/category/manners/post-54072/

就活マナー

  • お気に入り
  • 59SCORE

意外と見られている!?就活にふさわしい靴下マナー

意外と見られている!?就活にふさわしい靴下マナー

就活といえば、すぐに思い浮かぶのが就活スーツではないでしょうか。
私もスーツにきちんと折り目をつけるため、前日の晩苦心してプレスしたりしました。
みなさんも同じなのではないでしょうか。
しかし、採用担当者は、スーツより靴下に注目していることをご存知ですか?
いつも履いている靴下を、そのまま履いていくようなことをしていたりしないでしょうか。
採用担当者はしっかり見ています。
今回は、面接で好印象を与える靴下の選び方をご紹介します。

汚れ・シワ・弛みはNG選ぶなら無難な色

まず、汚れやシワが目立つもの、ゴムがゆるんでいるものはすべてNGです。
少しくらいの汚れやシワなら大丈夫だろうと思われるかもしれません。
しかし、汚れやシワ、ゴムのゆるんだ靴下ほど目立つものはないのです。
採用担当者が特に注意しているわけではなく、面接を受けるためにイスに座った時、ズボンの下からのぞくため嫌でも目に入ってしまうのです。
身だしなみもきちんと整えられない人と思われかねません。
選ぶとしたらスーツとよく合う黒か紺がおすすめです。
清潔感があるからと白を選ばれる方もいますが、白はスーツと合わせることが難しいためおすすめできません。

靴下の長さにも注意しましょう

せっかくスーツに合わせて靴下を選んだというのに、くるぶしまでのスニーカーソックスを選んでしまい失敗したことがあります。
スニーカーソックスだと、ちょっとした動作をした時、肌が露出してしまうからです。
ズボンの下からすね毛が見えて慌てて

関連記事

ページトップ