就活マナー

意外と見られている!?就活にふさわしい靴下マナー

意外と見られている!?就活にふさわしい靴下マナー

就活といえば、すぐに思い浮かぶのが就活スーツではないでしょうか。
私もスーツにきちんと折り目をつけるため、前日の晩苦心してプレスしたりしました。
みなさんも同じなのではないでしょうか。
しかし、採用担当者は、スーツより靴下に注目していることをご存知ですか?
いつも履いている靴下を、そのまま履いていくようなことをしていたりしないでしょうか。
採用担当者はしっかり見ています。
今回は、面接で好印象を与える靴下の選び方をご紹介します。

汚れ・シワ・弛みはNG選ぶなら無難な色

まず、汚れやシワが目立つもの、ゴムがゆるんでいるものはすべてNGです。
少しくらいの汚れやシワなら大丈夫だろうと思われるかもしれません。
しかし、汚れやシワ、ゴムのゆるんだ靴下ほど目立つものはないのです。
採用担当者が特に注意しているわけではなく、面接を受けるためにイスに座った時、ズボンの下からのぞくため嫌でも目に入ってしまうのです。
身だしなみもきちんと整えられない人と思われかねません。
選ぶとしたらスーツとよく合う黒か紺がおすすめです。
清潔感があるからと白を選ばれる方もいますが、白はスーツと合わせることが難しいためおすすめできません。

靴下の長さにも注意しましょう

せっかくスーツに合わせて靴下を選んだというのに、くるぶしまでのスニーカーソックスを選んでしまい失敗したことがあります。
スニーカーソックスだと、ちょっとした動作をした時、肌が露出してしまうからです。
ズボンの下からすね毛が見えて慌てても、もう履き替えることはできません。
手入れをしていないすね毛など見られては、だらしないと思われても仕方がありません。
ふくらはぎぐらいまである靴下を選びましょう。
そうすれば、少し動いたぐらいでは肌が露出することはありません。
ちょっとした違いですが、採用担当者への印象が大きく変わります。

黒か紺、ふくらはぎまである厚めの生地の靴下ベター

生地の厚さも重要です。
スニーカーソックスだと肌が露出してしまうと書きましたが、生地が薄いとすね毛がはみ出してしまうことがあります。
剛毛なすね毛だと、靴下の生地を突き抜けてはみ出すことがよくあります。
すね毛がはみ出していてはまるで清潔感がなく、だらしないと思われてしまうかもしれません。
すね毛がはみ出さないくらい厚手の生地だと安心です。
厚い生地が良いからとモコモコの生地を選ぶのはNGです。
綿100%で厚手の生地なら大丈夫でしょう。
これで通気性がよく蒸れない靴下ならベストです。
値段が安いからと適当な靴下を選ぶのではなく、就活に最適な一足を見つけてください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ