通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【16卒】京セラ

弊社への応募の「きっかけ」を踏まえて、志望理由を教えてください。(400)

持続可能な社会に資する貴社製品を世界中に普及させ、日本のプレゼンス向上に貢献するため貴社を志望する。マレーシア留学時、大学で長年使用されている貴社の複合機が日本製品の信頼性向上に寄与していることを知った。昨年8月の環境に関する国際学生会議への参加や、留学時に環境保全団体に所属して植林活動に従事した経験からこのような想いを抱いている。従って貴社では、「ソーラーエネルギー事業」にて国や企業の要望を具体化してそれに応需する製品を提案・販売する営業の 仕事に就きたいと考える。専攻で「人にやさしい製品」の探求のために技術者の想いを大事にした経験を基に、LED照明などの良さを最大限に伝えたい。また、教育のアルバイトで培った相手のニーズを正確に把握・迅速に応需し、信頼関係を構築 する力も活かされると考える。物心両面の幸福を理念として追求する貴社でこそ自 身の想いを形にして実現させられると思い、貴社を志望する。

学生時代に力を入れたことについて教えてください。(1つ以上最大3つまで可)(400)

留学先のマレーシアでのイベントで日本人留学生15人とソーラン節を踊り、参加6カ国の中で最優秀賞を獲得したことだ。「日本の伝統演舞を通し、プレゼンス向上に寄与したい」と考え、一緒に踊る日本人留学生を募り始めた。しかし、彼らも自身の活動で多忙なため当初参加を表明した学生は3人であり、大きな挫折を味わった。状況改革のために「仲間意識の醸成・短期間で切磋琢磨して成功体験を積むこと」が最も効果的だと考え、3つのことを実行した。
①学生間の憩いの場として定期交流会を実施し、自身の想いを地道に発信
②個人・グループの演舞の質向上のため、15分少人数制練習会と20分の全体練習を実施
③彼ら自身が成長を実感し、競い合う場の醸成のため練習風景を撮影して共有
これらの努力が功を奏し、日本人15人と共に最優秀賞を獲得した。周囲を巻き込むには、自身の想いに裏付けされた熱意ある行動と、互いの想いの共有が大事であると学んだ。

あなたと京セラの考え方の共通点を、上記経験を踏まえて具体的に教えてください。(400)

【信念を貫き、成功するまで諦めない気概】と【チームの一員として仲間に尽くし、感謝の気持ちを忘れない精神】だと考える。開催日が3週間後に迫るものの、一緒に踊る学生が集まらないので練習もできない。イベント参加規約である1チーム6人以上という条件さえ満たせず「もうダメだ」と感じた。しかし、信念である「日本のプレゼンス向上」と「異国の地で新たな歴史を創ること」を強く心に思い描き、粘り強く上記3項目を実行し続け日本人留学生というチームの組織力向上に努めた。こうした真摯な姿勢が、メンバーの自発的な向上意欲を生み出したと考える。演舞直前、私はチームのメンバーに今までの感謝の気持ちを素直に伝えた。メンバーもまた切磋琢磨した仲間に対して感謝の気持ちを伝え合った。最優秀賞獲得という吉報を聞くや否や、皆で達成感を分かち合い、泣いて喜んだ。日本人留学生が真に一つの家族のような関係であることを実感することができた。

あなたにとって1番の試練・挫折は何でしたか。 また、それをどのように乗り越えたかを具体的に教えてください。(400)

自身最大の試練は、留学中に現地学生の履修態度を改善したことだ。2年半の教育のアルバイト経験を活かし、国際色豊かな発展途上国で日本人留学生として活躍したいと考えた。インド・中国・バングラデシュ・マレーシアの学生と班を組んだが、彼らの常習的な遅刻・欠席で班評価が減点された。私はこの行動が理解できず、班内に軋轢が生じた。両者の価値観の相違が原因と考え、班員の想いの共有機会を設けた。単位さえ取れればいいと考える彼らに対し、私は「互いの相違を受容し、皆で協力して成果を残したい」という自身の留学の意義を伝え、了承を得た。この想いの浸透の為、皆のやりたがらない【①班討論の議事録を担当②毎週の勉強会実施・統括】を率先して行い5ヶ月間組織力向上に努めた。次第に班員の意識が改善され、全員が最高評価を獲得した。価値観の異なる人を動かすには自身の信念を行動で示し、相手本位のメリットを呈示することが大事だと学んだ。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ