通過ES実例

  • お気に入り
  • 5SCORE

【選考通過ES実例】ゴールドマンサックス投資銀行部門

18卒ゴールドマンサックスの通過ESです!

職務経験

予備校のチューターとして、担当クラスを運営。休み時間の個人面談を通して、生徒の受験を精神面、学習面からサポート。結果、生徒と信頼関係を築き、80パーセント以上の生徒を難関志望校に合格させる。

卒業論文のタイトル

企業の持続可能性

部門志望理由

お客様と最前線で向き合い、成長戦略の提案から実行まで一貫して従事できる投資銀行部門を志望します。私は大学時代の予備校でのアルバイト経験において、人の問題点を様々な角度から聞き出す能力を身に付け、人に寄り添って問題を解決していくことに喜びを感じました。そのため自らの人間力で信頼関係を築き、お客様に最大限の付加価値を与えられるような生き方をしたいと考えています。形のない金融、経営面からお客様のニーズを把握し、お客様の成長、目標達成にむけてパートナーとして最後まで協働していきたいです。現在、グローバル化が進み、常に市場が変化していくなかで企業のM&Aによる資金調達や海外進出は企業価値を高める上

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ