通過ES実例

【選考通過ES実例】住友生命

住友生命の内定獲得ESです

大学時代に一番力を入れて取り組んだこと、およびそのことから学んだこと、感じたことを教えてください。 400文字以下

私が大学時代に力を入れたことは、サークルでOBの先輩方と現役を繋ぐOB主務という役職を務めあげたことです。就任当時、1年生の参加率の低さが問題でした。一因は、OBの先輩に緊張して楽しめない1年生と現役が受け入れてくれるか不安なOBの先輩の交流不足でした。そこで私は先輩方と常に連絡を取り不安を取り除きOBと現役の交流会を主催しました。事前準備をはじめ、交流会当日は私が誰よりも積極的に仲介役となって1年生を紹介して回りました。また、率先して同期にも仲介を頼みました。この結果、当時5人だったOBの先輩方のイベント参加人数は20人を超え、それに伴い1年生の参加率も上がりました。OBの先輩からは「あなたがいると安心してサークルに行ける」と言って頂けました。この経験から相手の気持ちに寄り添うことで課題を解決できると学びました。貴社においても、お客様に寄り添い不安を解決する最適な提案をしたいと思います。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ