/category/report/post-54107/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 0SCORE

【学生時代に何もしてない】それでも内定を取れる秘訣を紹介します!

【学生時代に何もしてない】それでも内定を取れる秘訣を紹介します!

就職で必ず問われるものが自己PRで、この自己PRで多くの学生は、自分がこのようなことを頑張ったと様々なアピールをします。
しかし、学生時代を振り返ってみても特にこれといって何もしていない人にはアピールポイントが無くて困ったと思うかもしれません。
特に何も思い浮かばない人であっても複数内定が取れる秘訣についてお話します。

理路整然とする志望動機や自己PRは組み立てよう

輝かしい功績を挙げている人はそれをアピールのネタにすれば良いですが、特にこれといって何もしていない人は内定の取り方にも工夫をしなければなりません。
エントリーシートでも面接でも最も重要になるのは志望動機と自己PRです。
どちらも抽象的で漠然とした、結局何が言いたいのか今ひとつ分からないように話すのではなく、論理的で筋の通った文章で話すことでしっかりとしたアピールに繋がります。
組み立て方としては、結論、根拠、まとめや学びといった具合にまとめていくと理路整然とした話し方が出来るようになるでしょう。
しかし、この根拠には自分の経験を織り交ぜる必要があり、自己PRも同様に私はこのような人間ですとアピールするためには根拠となる経験が必要です。
多くの場合、この経験で躓いてしまうため上手く内定に繋がらないという問題があるのです。

身の丈に合わない経験を語る必要はなし

特にこれといって語れる経験がない、と悩むのは語れると考える

関連記事

ページトップ