就活特集記事

  • お気に入り
  • 1SCORE

【驚愕】3年以内に3割が離職という現実!その転職理由とは・・・?

【驚愕】3年以内に3割が離職という現実!その転職理由とは・・・?

一生懸命に就職活動をしていただいた内定で、就職をしたのにも関わらず、3年以内に3割が転職をしているという事実をご存知でしょうか。
それどころか、1年目で離職する人も年々増え続けています。

なぜ、一度就職した会社をやめてしまうのか、その理由に迫ります。

【離職の現実】

以下のグラフは、就職してから何年目に離職しているかと、その人数がそれぞれの年ごとに示されたグラフです。
このグラフでは、おおよそ就職して3年目に、約3割の人が離職していることがわかります。

1年目での離職の数もかなりの人数を占めていることがわかりますね。

【離職の現実】

【離職する理由】

では、なぜ離職をするのでしょうか、その理由をさぐってみましょう。

3年以内に離職をする人の多くが、働いている会社にたいしてマイナスなイメージをもって 離職します。
”自分に合わなかった”というのが大きな理由のひとつです。
せっかく、厳しい就職活動で、高い倍率の就職試験を乗り越えて入社しても、実際自分には合わなかったという人が少なくないのが現実です。

社会にはじめて出て、その厳しさを思い知り、ついていけなくなったという人も少なからずいます。

学生の間に通用していたことが、社会に出て通用しなくなったり、会社では

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ