就活特集記事

  • お気に入り
  • 1SCORE

【社会人1年目のホンネ】意気揚々とベンチャー企業に入社して

就職活動を終了した後、内定先に不安を抱く人はなんと73.2%もいると言われています。
実際に就職してから上手くやっていけるかなぁと考える人が3人中2人もいるのですね。
では実際に働き始めた入社1年目の社員がどんなことを感じながら働いているか、という例をベンチャー企業に入社した私が「ホンネ」の部分を書かせていただきます。

就職活動中の想い

私は20代のうちに圧倒的に成長して、30代前半では1000万プレーヤー、そしてマネージャーとなって憧れられるような人になりたいという想いがあり、その夢が叶えられそうなベンチャー企業だけに絞って就職活動をしていました。
そこでご縁をいただいたのが現在勤めている会社です。
【入社先プロフィール】
・設立6年
・WEB系、人材系事業
・従業員60名(正社員30名)程度
・平均年齢27歳
・代表取締役の年齢30代前半
入社の決め手は、この社長についていったら間違いない!そして、キラキラした先輩方と一緒に働きたい!という「人の魅力」でした。
自分と会社を一緒に成長させて、将来の大企業の創業メンバーとして会社を創っていくぞ!と意気揚々と就職しました。

本当に求めていた環境だったの?

よく入社前後でギャップはなかったかどうかと聞かれますが、私の場合は悪い意味のギャップは全くありませんでした。
内定者に社長・社員の給料

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ