就活特集記事

  • お気に入り
  • 5SCORE

【就活生必見!】面接でどうしても緊張してしまう時の対策!

【就活生必見!】面接でどうしても緊張してしまう時の対策!

皆さんは面接の際、どうしても緊張してしまうという経験はありませんか?

また、エントリーシートも上手く書けたのに、面接では失敗してしまったという経験は?

私も面接時はとても緊張し、緊張しないおまじないをしながら挑んだ経験があります。

今回はどのようにしたら緊張しながらも面接を上手く乗り越えられるのか、そのコツを簡単にご紹介したいと思います。

なぜ緊張してしまうのか

なぜ緊張しまうのでしょうか?

その原因の一つは、面接で失敗してしまうという悪いイメージばかりを想像してしまうことです。

「自分の伝えたいことを上手く伝えられるだろうか」
「想定外の質問が来て上手く答えられなかったたらどうしよう」

そというように、ネガティブなイメージに引っ張られるような形で面接本番に突入してしまい、緊張が続いた状態で伝えたい事も伝えられず面接を終えしまいます。

悪いイメージを想像してしますのも、実は準備不足が引き金となっています。

なぜその企業に入りたいのか、入って何を成し遂げたいのか、自分が面接で絶対に伝えたい事は何かをしっかり考え、
その企業を受けたことのある先輩や友人に質問された事などの情報を収集しながら、挑みましょう。

しっかり準備を整えることで、自信を持って面接を乗り越えられます。

なぜ緊張してしまうのか

面接官は面接で何を求めているの?

面接官に質問されたことに対し、言いたいことを上手く伝えられずに固まってしまった経験はありませんか?

それは面接官に良い印象を持たれたいと思うあまり、偽りの自分を演じてしまったり、
自身の能力よりも背伸びをしてしまっているからです。

面接官にもあなた緊張は伝わっています。

緊張していることを理解した上で、その緊張の中いかにありのままの姿で熱意を伝えてくれるかを求めています。

ありのままの姿をさらけ出しすぎるのもだめですが、背伸びをしようとせずに礼儀と先方を敬う気持ちをしっかり持って挑みましょう。

面接官は面接で何を求めているの?

面接に挑む前に出来る緊張を解すコツ!

緊張を解し、緊張しないようにするためのコツをいくつかご紹介します。

①面接に慣れること
 →場数を踏むことで、想定外の質問に対してもアドリブ力を付けることができます。

②イメージトレーニングをしてみる
 →どこにいても簡単に試すことができる方法です。
様々な面接場面を想像しながら、こんな想定外な質問が来たら自分はどう答えようかなどを考えてみると、自然とアドリブ力が備わったりします。

③家族や友人にその思いを伝えてみる
 →緊張している気持ちを吐き出すことで、気持ちが落ち着きます。

④声を出してみる
 →緊張すると声が出なくなってしまうことがあると思います。
  緊張を声に出すこと自分をコントロールできるという、科学的なデータがあるほどこの行為は効果があるといわれています。

面接に挑む前に出来る緊張を解すコツ!
まとめ

以上いかがでしたでしょうか?

面接は誰でも緊張するもの。

緊張し過ぎて伝えたいことを伝えられなかったということがないように、今回ご紹介したコツで緊張をに打ち勝ちましょう!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ